ここから本文です

柔らか美肌になれる!姉美STさんたちのスキンケアの極意5カ条

6/21(金) 6:00配信

magacol

姉美世代の取材を重ねていく中で気が付いたことが一つ。50代でお肌のキレイな人はみんな肌が柔らかい!美肌の秘密は柔肌にあり? 美肌読者の肌を探ってみました。

極意1:クレンジングはこすらない!

クレンジングはメークや皮脂といった油汚れを落とすためのもの。脂と油を「乳化」させるステップが必須です。乳化には最低でも40秒はかかります。クレンジング材を肌にのせたら、こすらず手のひらでじっくりなじませて乳化させるのが、トラブルを起こさないクレンジングのお作法です。

オススメは大人向けクレンジング

A・肌に負担をかけない優しさを徹底追求
肌にのせると素早くオイルに変わり、摩擦から肌を守るジェル。5つの植物オイル配合で肌荒れを防ぎます。ドモホルンリンクル 化粧落しジェル110g¥5,000(再春館製薬所)

B・肌がほぐれ、柔らかなクリアな肌に整います
肌にのせるとクレンジング成分が弾けて広がり汚れを取り込むと透明に変わるこだわりの設計。サントリー エファージュ ファインスムーズ クレンジング120g¥3,000(サントリーウエルネス)

C・ダブル洗顔不要のメークも落とせる洗顔料
やわらかなジェルがメークや汚れを浮かせ、酸化した皮脂や古い角層もすっきりクリアに。プリオール エステ洗顔ジェル140g¥2,400〔編集部調べ〕(資生堂)

クレンジングの仕方は?

(1) ジェルかクリームタイプを使用。汚れを乳化させやすくするために、手のひらで温めて肌になじみやすくしてからのせます。

(2) 目のキワにメーク汚れが残ると色素沈着の原因に。目をぎゅっとつぶらないよう、しみない弱酸性処方のクレンジングをなじませます。

(3) 法令線の溝のくすみはクレンジング不足が原因のことも。へこんでいる部位は洗い残しがちなので、ていねいに汚れを落としましょう。

(4) すすぎ残すと界面活性剤の作用でスキンバリアを破壊してしまいます。すすぎ残しがちな顔のフチ、フェイスラインまでしっかりと。

          ***

1/3ページ

最終更新:6/21(金) 6:00
magacol

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事