ここから本文です

夏の高校野球香川大会 組み合わせ決定!38校の対戦相手は?

6/21(金) 14:50配信

KSB瀬戸内海放送

 球児たちのアツい夏が近づいています!7月13日に開幕する夏の高校野球・香川大会の抽選会が行われ、組み合わせが決まりました。

 高松市のサンメッセ香川で行われた抽選会では、出場38校の主将がくじを引きました。

 Aブロックは、この春センバツに出場した高松商業は初戦で坂出工業と当たります。
 去年、64年ぶりの決勝進出を果たし、大会を沸かせた高松は、高専高松と対戦します。

 Bブロックは、春の香川大会ベスト4の藤井がシード校として臨みます。
 去年夏の王者・丸亀城西は開幕試合で高松一高と対戦します。

 Cブロックは、シード3位の尽誠学園のほか、最速147キロ右腕・加茂を擁する寒川、初の甲子園を目指す大手前高松など注目校がひしめきます。

 Dブロックは、春の香川大会を制した四国学院大香川西や投打の柱、黒河が引っ張る英明、2017年夏の覇者・三本松や丸亀など甲子園経験校が名を連ねました。

 選手宣誓は、高松南の林田健太郎主将に決まりました。

(選手宣誓/林田健太郎 主将)
「令和になって初めての大会なので。記念にふさわしい選手宣誓で開幕できるように、いい選手宣誓ができるようにしたい」

 夏の高校野球・香川大会は7月13日に開幕し、日程が順調に進めば決勝は27日の予定です。

最終更新:6/21(金) 18:01
KSB瀬戸内海放送

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事