ここから本文です

スピースはもうベテラン!? 世界アマランク1位と2位のスーパースター候補、ホブラン&ウルフがプロデビュー

6/21(金) 18:30配信

みんなのゴルフダイジェスト

開催中のPGAツアー「トラベラーズ選手権」では、世界アマランク1位と2位の選手が同時にプロ転向。一体どんなプレーヤーなのか? 月刊ゴルフダイジェストのツアー担当・ケンジロウが現地取材!

今週プロ転向! マシュー・ウルフのスウィング連続写真

ビクトル・ホブランとマシュー・ウルフを覚えておこう

こんにちは、ケンジロウです。コネチカット州のハートフォード、トラベラーズ選手権の会場よりお届けしております。

今週はケプカやジャスティン・トーマス、ジェイソン・デイ、フランチェスコ・モリナリなどフィールドが厚いというのは既報の通りですが、実は厚いだけでなく、“熱い”選手たちも出場しているんです。なんと世界アマランキング1位と2位の選手がこの試合からプロデビューなんですよ。

1人はノルウェー人のビクトル・ホブランです(世界アマランク1位)。先週の全米オープンでトータル4アンダー12位タイに入るなど大活躍。見事ローアマを獲得しました。

しかもジャック・ニクラウスが持つ全米オープンのアマチュアでの最少スコアを上回ったんです。彼はマスターズでもローアマを獲得していますからね、まさに大型新人のプロ入りと言えるでしょう。

もう1人はマシュー・ウルフです(同2位)。彼のことは2月のフェニックスオープンのときも記事で紹介したことがあります。打つ前に左腰を切るリハーサルをやるなどスウィングに特徴があり、とてもキャラクターの立った選手なんです。

共に同じ大学で、リッキー・ファウラーと同じオクラホマ州立大学のゴルフ部。同大学は、ツアープロを多く輩出しているゴルフの名門大学で、これでまたさらに二人の優秀な選手をプロの世界に送り出すことになります。

彼らはジョーダン・スピース、ジャスティン・トーマスらの世代と比較されるほど、実力者ぞろいの世代としてすでにアメリカのメディアからも注目を浴びています。日本の女子ツアーでいえば“黄金世代”の次に出てきた“プラチナ世代”というイメージですかね。

2人とも凄いのは、すでに大手メーカーとクラブ契約を結んでいること。ビクトル君はキャロウェイ、テーラーメイド、ピンの3社が獲得に名乗りを上げましたが、最終的にピンを選びました。

「ピンのフィッティングをしてくれたスタッフがノルウェーにルーツがあって、オクラホマ州立大学とも深いつながりがあったのが決め手になりました」(ビクトル)

1/2ページ

最終更新:6/21(金) 18:30
みんなのゴルフダイジェスト

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事