ここから本文です

新型「フライング スパー」遂に公開!ベントレーが誇るラグジュアリーツアラー

6/21(金) 17:02配信

くるまのニュース

完全新設計のスポーツセダン「フライング スパー」

 2019年6月17日、ベントレーはスポーツセダンの敏捷性とリムジンの洗練性を併せ持つニューモデル、「フライング スパー」の詳細を発表しました。

発表された新型「フライング スパー」を写真で見る(12枚)

 自らステアリングを握るも、後席に座るもよしというこの新型は、世界最先端のラグジュアリーグランドツアラーに位置するモデルです。

 この新型について、ベントレーの会長兼CEOを務めるAdrian Hallmark氏は次のように語っています。

「Continental GTのローンチ時と同じく、新型もすべてをいちから開発し、テクノロジーとクラフトマンシップをさらなる高みへと押し上げることを目指しました。セグメントの常識を覆すパフォーマンスと洗練性をお届けします」

 ベントレーの本拠地である英国クルー市で設計、エンジニアリング、ハンドクラフトのすべてが行われる新型フライング スパーの外観は、ベントレーらしい彫りの深いモダンなデザインで、優雅さとたくましさを感じさせるプロポーションとなっています。

 また、クリスタルカットガラスのような輝きを放つマトリクスヘッドライトは最新型で、クロームスリーブをプラス。Bのモチーフが光るリアライトには、ラップアラウンドデザインが新たに採用されました。

 さらにベントレー初採用となる、「エレクトロニック・オールホイール・ステアリング」は、アクティブAWDやベントレーダイナミックライドと組み合わせることで、驚異的なハンドリングと乗り心地を実現。

3チャンバーエアスプリングも新設計で、リムジンのような乗り心地からスポーティなボディコントロールまで、サスペンションの多様な設定が可能なため、このセグメントではかつてないほど多彩なドライビング体験を楽しめるようになっています。

 そして新型に搭載されるエンジンは、ベントレーが誇る6リッターツインターボエンジンの強化バージョンで、このエンジンに8速デュアルクラッチトランスミッションを組み合わせることで、素早いギアチェンジに一層磨きがかかりました。

 この新設計TSIエンジンは635馬力、0-10km/h加速3.8秒、最高速度33km/hという圧倒的な性能を誇ります。

 ベントレーはこの傑出したテクノロジーで、革新性、コネクティビティ、室内快適性、運転する喜びを叶え、モダンラグジュアリーを謳うグランドツーリングセダンの手本となるモデルを作り出しました。

 新型フライング スパーの価格は、2568万2400円(消費税込)。日本でのデリバリーは2020年7月から9月頃を予定しています。

くるまのニュース編集部

最終更新:6/21(金) 17:32
くるまのニュース

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事