ここから本文です

「手打ちを直してアイアンでターフを取りたい!」アンタッチャブル柴田のお悩みを美女プロゴルファーが一発解決

6/21(金) 22:30配信

みんなのゴルフダイジェスト

ベストスコア「78」の腕前を持つお笑いコンビ・アンタッチャブルの柴田英嗣。だが、最近はラウンドも月イチが精一杯で、スコアも100を切るのが精一杯。そんな柴田が、再びかつてのゴルフ力を取り戻すべく、美女プロゴルファーとして名を馳せる小澤美奈瀬に弟子入り! 手始めに「手打ちを直してターフが取れるアイアンショット」を教えてもらった。

アンタッチャブル柴田のアイアン連続写真(正面)

「手打ち」を直してしっかりターフを取りたい! どうすれば?

小澤:みなさん、こんにちは! USLPGAティーチング会員の小澤美奈瀬です。今回は特別に生徒さんをお招きしました~ぁ!

柴田」ご無沙汰しております先生。以前、お世話になりまして(編集注:2017年放送のTV番組で共演)。

小澤:柴田さんの頭のサイズが54センチしかなかったっていうのが、すっごく印象に残ってて! 帽子は何処で買われるんですか?

柴田:もちろんキッズサイズを売っている所です、って、それってゴルフと関係ないでしょ。

小澤:最近、調子はどうですか?

柴田:あまりやっていなくて……今年からまた始めたんですが、フォームもバラバラですし、以前どういう風に振っていたかも思い出せないんですよね。

小澤:それで今は、どんなお悩みが?

柴田:山ほどあるんですが、一番の悩みは、アイアンの「手打ち」で、ターフが取れないんです。だからスピンもあまりかからないしで、ポコーンという球が出やすいんですよね。

小澤:じゃあさっそくスウィングを見せてください。

柴田:わかりました(と、アイアンで素振り)。

小澤:いいじゃないですか。体重移動とかもしっかりできてそうですけどね…。

柴田:「できてそう」とか、そんな雰囲気で言われてもね。

小澤:えへへ。ただ一つ押さえておいて欲しい大事なポイントとして、「素振りでも地面をしっかり擦っていく」ということをやってもらいたいんです。素振りで地面を擦らないというのは、トップをするリハーサルをしているようなもの。だから、素振りの段階から下を擦っていけるとイイと思います。

柴田:なるほど。下を擦る素振りですね。やってみます(と、素振り。シュッ! とマットを擦る音が響く)。

1/3ページ

最終更新:6/21(金) 22:30
みんなのゴルフダイジェスト

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事