ここから本文です

U-20エクアドル代表左サイドバック、バルサ加入間近?

6/21(金) 12:33配信

SPORT.es

オランダのメディアの報道によれば、来シーズン、ディエゴ・パラシオスは、FCバルセロナBでプレーしているということである。アウカスからヴィレムIIにレンタル移籍しているエクアドル人左サイドバックのパラシオスは、ポジションが約束されているPSVアイントホーフェン(PSV)やアヤックスなどオランダのビッグクラブではなく、たとえトップチームではなかったとしても、バルサのユニホームを着ることを最優先に考えている。なお、オリンピック・リヨンもパラシオス獲得に興味を持っている。

R・マドリーも激戦のデ・リフト獲得レースに参戦

PSVの情報に精通しているジャーナリストであるリック・エルフリンクは、数時間前に自身のソーシャルメディアにおいて、パラシオスがバルサ移籍を最優先に考えており、PSVには加入しないだろうと語っている。そして、『Soccernews』などのメディアも、この情報を強調しているのに加え、『Voetbal Primeur』などは、自らの情報ソースと共にこれを報じている。

しかし、バルサは、パラシオスの権利を保有しているアウカスと交渉する必要がある。なお、パラシオスは、ヴィレムIIで約30試合に出場しており、エクアドル代表が3位で終えたU-20ワールドカップでもチームのキープレイヤーとなっている。

最終更新:6/21(金) 12:33
SPORT.es

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事