ここから本文です

「コーチやりました!」NBAドラフト1巡目指名の八村が喜びの会見

6/21(金) 17:15配信

ロイター

 米プロバスケットボール協会(NBA)のドラフト会議が20日、ニューヨークで行われ、全米大学体育協会(NCAA)1部のバスケットボール男子、ゴンザガ大の八村塁(21)が日本人選手として初めてドラフト1巡目で指名された。

 ウィザーズから1巡目、全体9位で指名を受けた八村。大学3年生の同選手は、卒業を待たずにドラフト対象選手となれる「アーリーエントリー」制度でエントリーしていた。

 富山県出身の八村は、2016─17シーズンからゴンザガ大でプレー。昨季はチームトップの1試合平均19.7得点をマーク。ウエストコースト・カンファレンスの最優秀選手に選ばれた。

最終更新:6/21(金) 17:35
ロイター

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo!ニュースからのお知らせ