ここから本文です

ブラピとトミー・リー・ジョーンズが初共演!『アド・アストラ』予告編&ポスター到着

6/21(金) 5:00配信

Movie Walker

クエンティン・タランティーノ監督の最新作『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド』(8月30日公開)も控えるブラッド・ピットが主演と製作を務め、『ノーカントリー』(07)や「メン・イン・ブラック」シリーズ、日本の缶コーヒーCMでも知られるトミー・リー・ジョーンズが初共演を果たす『アド・アストラ』の日本公開が、全米公開と同日の9月20日(金)に決定。あわせて予告映像とポスターが到着した。

【写真を見る】久しぶりに6人の子どもたちに会い、ブラッド・ピットに笑顔があふれる

主人公のロイ・マグブライドは地球外知的生命体の探求に人生を捧げた父を見て育ち、自身も宇宙飛行士となった。その父は地球外生命体の探索船に乗り、宇宙へと向かった16年後、32億km離れた太陽系の彼方で行方不明となる。しかし、父は宇宙の彼方で生きていた…。

主人公のロイ役にピット、ロイの父役をジョーンズが演じる本作をさらに盛り上げる共演者は、「ロード・オブ・ザ・リング」シリーズや『インクレディブル・ハルク』(08)などのリヴ・タイラーに、『スペース・カウボーイ』(00)や「ハンガー・ゲーム」シリーズのドナルド・サザーランド。そして『ラビング 愛という名前のふたり』(16)で第89回アカデミー賞主演女優賞にノミネートされたルース・ネッガの3人が脇を固める。あわせて、本作で脚本と監督を務めるのは『エヴァの告白』(13)や『ロスト・シティZ 黄金都市』(16)などでメガホンを取ったジェームズ・グレイ。加えて共同執筆者としてテレビドラマ「FRINGE/フリンジ」シリーズで活躍するイーサン・グロスが参加している。また、本作はブラピが設立した制作会社のプランBがプロデュースをしており、クオリティの高さはお墨付きだ。

到着した予告映像では、父の影響もあり、美しい地球を背にしながら懸命に大気圏外での危険な仕事に挑むロイの姿を映しだす。そんな彼に、陸軍幹部は「君の父親は生きている」と衝撃的な事実を告げる。あわせて、ロイの父は太陽系のすべてを滅ぼす力を持つ実験“リマ計画”に関わっていたことも明らかにされるなど、冒険へと誘う展開に期待が膨らむ。

なぜロイの父は生きていたのか、そして危険な実験を抱えたまま姿を消した理由は、など謎が謎を呼ぶ予告編に仕上がっている。隠された秘密をロイと一緒に見届けたい!(Movie Walker・文/編集部)

最終更新:6/21(金) 5:00
Movie Walker

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事