ここから本文です

停電、黒煙で被害拡大か 全焼工場内視界悪く、福井

6/22(土) 6:40配信

共同通信

 福井県永平寺町の「豊島繊維」の工場で4人の遺体が見つかった火災で、遺体が集中して見つかった工場2棟では、出火の影響とみられる停電と黒煙で視界が悪い状態だったことが22日、従業員への取材で分かった。視界不良だったことが被害の拡大を招いた可能性があり、県警は同日も実況見分を続け、出火原因や避難の状況などを調べる。

 出火当時、第1工場と第2工場の間の通路にいた男性従業員(64)は、第2工場と第3工場を通って避難した。両工場内は停電していた上、「黒煙が立ちこめ、視界が悪かった」と話す。

最終更新:6/22(土) 6:40
共同通信

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo!ニュースからのお知らせ