ここから本文です

<パーフェクトワールド>視聴者を「号泣」「感動」に巻き込んだ 松坂桃李“樹”&山本美月“つぐみ”純愛の軌跡

6/23(日) 9:40配信

まんたんウェブ

 俳優の松坂桃李さんが主演する連続ドラマ「パーフェクトワールド」(カンテレ・フジテレビ系、火曜午後9時)の最終話が6月25日に放送される。原作は、2014年から女性向けマンガ誌「Kiss」(講談社)で連載中の有賀リエさんのマンガ。大学時代に事故の影響で下半身不随となり車椅子で生活をする建築士・鮎川樹(松坂さん)と、高校時代の同級生・川奈つぐみ(山本美月さん)との純愛が描かれ、毎週、SNSには「号泣した」「感動…」「2人を応援してる」といった声が多く上がり、盛り上がりを見せてきた。最終回を前に2人の純愛を振り返る。

【写真特集】“是枝”瀬戸康史が見せた“樹”松坂桃李への“心意気” 感動の第9話名シーン

 ◇つぐみが初恋の相手・樹と12年ぶりの再会 思いを募らせ「好きなの」と告白

 第1話は、インテリアデザイン会社で働くつぐみは、設計事務所との打ち合わせの席で、高校時代の同級生で初恋の相手・樹と12年ぶりに再会を果たした。胸を高鳴らせるつぐみだったが、樹が車椅子に乗る姿を見て絶句。その後、美術館でのデートなど一緒に過ごす時間を重ねる中で、樹が不自由な体以外はかつてのままだと感じたつぐみは、樹への思いを再び募らせる。

 第2話では、車椅子の生活などで“恋愛不要”を心に誓っている樹から「気持ちには応えられない。俺といても幸せになれない」と言われ、落ち込むつぐみ。数日後、つぐみは、樹が飼い始めた犬のチャコがいなくなってしまい捜すことに。樹が合併症で命を落とす危険性があると聞いていたつぐみは、雨に打たれながらチャコを捜す樹の体調を心配。つぐみの言葉に耳を貸そうとしない樹に対して、つぐみは「私の気持ち無視して、俺といても幸せになれないとか、一人で結論を出すのやめてよ」と感情を爆発させ、「好きなの」と告白した。

 第3話は、すべてを受け入れると覚悟を決めたつぐみに、樹はあきらめたはずの恋愛をもう一度してみようと思い直し、交際を開始。江の島デートなど恋人らしい時間を重ねる。樹とつぐみのキスシーンもあり、視聴者から「美月ちゃん可愛い! 可愛い!」「イケメン桃李の破壊力」「めちゃキュンじゃん!」「純キス最高!」と“悶絶(もんぜつ)”してしまったという感想が多数、上がった。

1/3ページ

最終更新:6/23(日) 9:40
まんたんウェブ

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo!ニュースからのお知らせ