ここから本文です

中学生で大麻容認論増加 全国調査、ネット影響か

6/22(土) 10:00配信

共同通信

 大麻や覚醒剤、危険ドラッグの使用を「少々なら構わない」「全く構わない」と考える中学生が増えていることが22日、国立精神・神経医療研究センターが2018年に実施した全国調査で分かった。16年の前回調査と比べ、大麻は1.5%から1.9%と他の薬物よりも伸びていた。インターネットの影響とみられる。大麻乱用で摘発された少年少女は14~18年で5倍超となっており、背景には、こうした容認論の広がりがあるようだ。

 回答した中学生約7万人のうち、大麻や覚醒剤の「使用経験がある」とした生徒は0.3%と横ばいだった。

最終更新:6/22(土) 10:00
共同通信

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

あわせて読みたい