ここから本文です

Boseの最新ヘッドホン「700」ハンズオン:他社より「ちょっと」高いノイズキャンセリングモデル。その価値はあるか?

6/22(土) 7:12配信

ギズモード・ジャパン

Bose担当者と共に行なった、Bose管理下でのデモとはいえ、これはお見事。ただ、これにプラス50ドル出す気になるかというと、まだ迷うというのが正直な感想です。特に、QC35が今セールで300ドル(約3万2500円)、SonyのWH-1000XM3も300ドル(約3万2500円)と考えるとやっぱりプラス50ドルは迷いますよ。

しかし、Boseがアピールしたいのは音声通話性能の向上だけではありません。新しいデザインにも注目してください。QC35よりも700の方がスタイリッシュ。

ヘッドバンド部分がイヤカフ部分を覆うようなデザインなのですが、バンドの可動部分が最小限で、髪の毛が挟まることがなさそう。また、タッチコントロール(バンド部分で音量や通話受け取り、トラックの切り替えなどあり)がしやすいのもよし。右イヤカフには、Bluetooth接続、デジタルアシスタント利用(Alexa、Google Assistant、Siriに対応)のボタンがあり、左イヤカフにはノイキャンのレベルを調整するボタンがあります。

ノイキャンレベルにはデフォルトで3段階あり、周辺のノイズをほぼ全消しできるレベルから、ノイキャンほぼなしのレベルまで。ほぼなしの0レベルでは、周りの音をいかに自然に聞こえるようにするかにこだわったとのことで、試してみるとなるほど自然でした。

ハンズオン体験会では、Bose Earbuds 500にも触れることができました。こちらのデモはなかったものの、200ドル(約2万1700円)のSoundSport Freeに取って代わる商品とのこと。シリコンチップの動きを考え直し、ドライバの位置を変更することで、耳の奥によりうまくフィットするようになっているということです。発売は今年後半を予定。ただ、Boseが1番期待をかけているのは、来年発売予定で完全ワイヤレスかつノイキャン強のBose Noise Cancelling Earbuds 700だとかなんとか…。

Bose Noise Cancelling Headphones 700は、399ドル(4万3300円)で6月30日発売。

ハンズオン最後の1文でプラス50ドル以上に気持ちが迷いますよね。絶対ヘッドフォン派ならともかく、どちらでもいい派は、来年最強のヤツがくると言われれば待ちたくなのってものですけれど。

Source: Bose

Alex Cranz - Gizmodo US [原文] ( そうこ )

2/2ページ

最終更新:6/22(土) 7:12
ギズモード・ジャパン

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事