ここから本文です

世界中で愛された男…引退発表のF・トーレスにメッセージ続々「素晴らしい時間をありがとう」

6/22(土) 7:06配信

GOAL

21日に今シーズンで現役を引退することを発表したサガン鳥栖FWフェルナンド・トーレスへ、盟友から多くのメッセージが寄せられている。

F・トーレスは1984年生まれの35歳。アトレティコ・マドリーのアカデミー出身で、2001年に17歳の若さでトップチームデビューを果たすと、2007年夏にリヴァプールへ移籍。加入初年度から24ゴールを挙げる活躍を見せ、PFA年間ベストイレブンに選出された。その後は、チェルシー、ミランと渡り歩き、レンタルでアトレティコに復帰。17-18シーズンには、退団発表後にヨーロッパリーグ優勝を果たし、同クラブで初となるタイトルを獲得。アトレティコでの最後のシーズンを有終の美で飾った。そして2018年からは鳥栖でプレーしている。

また、スペイン代表としても長く活躍。2006年のドイツ大会から3大会連続でW杯出場を記録し、10年の南アフリカ大会では史上初の優勝を経験した。EUROでも2008年、2012年大会の連覇を経験している。

そんなF・トーレスは、21日に自身のツイッターで「エキサイティングな18年間を過ごした後、僕のフットボールキャリアの幕を閉じる時が来た」とし、現役引退を発表した。詳細は日本時間23日10時より東京都内で行われる会見で明かすとしている。

偉大なキャリアを歩んできた35歳FWだが、引退発表に数多くの盟友がメッセージを寄せている。

これまで所属したアトレティコ、リヴァプール、チェルシー、ミランとすべてのチームがSNSでキャリアを称賛する投稿をすると、スペイン代表やUEFA、FIFA、プレミアリーグやリーガ・エスパニョーラ、チャンピオンズリーグなどの公式アカウントも引退に際してメッセージを送っている。

また、スペイン代表で長らく共にプレーしたGKイケル・カシージャスは「共に過ごした素晴らしい時間をありがとう。あなたがフットボールに与えたすべてのことを誇りに思うよ。君は君がいる場所で受け取るすべての愛を見なくちゃいけないね。ニーニョ(F・トーレスの愛称:子供の意)、新たなステージに幸運を!」と感謝のメッセージを送った。

その他、アトレティコで共にプレーしたDFディエゴ・ゴディン、MFコケ、MFサウール、FWアントワーヌ・グリーズマン、さらにリヴァプール時代のチームメイトであるスティーブン・ジェラード、ハビエル・マスチェラーノ、スペイン代表の同僚シャビなど、数え切れないほどのメッセージが送られている。

チャンピオンズリーグ、ヨーロッパリーグ、ワールドカップ、EUROと主要大会ほぼすべてを手にしてきたF・トーレス。世界中から愛された男が、ついにスパイクを脱ぐ。

なお、引退会見は23日10時より『DAZN』で独占ライブ配信される。

最終更新:6/28(金) 1:01
GOAL

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事