ここから本文です

ゴジラ生誕65周年! ド迫力のハリウッド版ゴジラ

6/22(土) 6:50配信

ニッポン放送

【しゃベルシネマ by 八雲ふみね 第631回】

さぁ、開演のベルが鳴りました。
支配人の八雲ふみねです。
シネマアナリストの八雲ふみねが、観ると誰かにしゃベりたくなるような映画たちをご紹介する「しゃベルシネマ」。

今回は、5月31日に公開された『ゴジラ キング・オブ・モンスターズ』を掘り起こします。

オリジナルへのオマージュに胸熱! こんな怪獣映画が観たかった!!

日本が世界に誇る唯一無二のキャラクターであるゴジラが、今年(2019年)、生誕65周年を迎えました。1954年に日本で誕生し、これまで30作以上が製作され、累計観客動員数は日本だけで1億人を記録。2014年にはハリウッド版『GODZILLA ゴジラ』が10年ぶりに復活を遂げ、さらに2016年には日本製作のまったく新しいゴジラ映画として『シン・ゴジラ』が公開。

常に進化を続け、観る者に驚きと感動を与える偉大なる怪獣が、今度はハリウッド製作の『ゴジラ キング・オブ・モンスターズ』として、再び全世界に降臨します。

監督は、前作のギャレス・エドワーズから『X-MEN: アポカリプス』の脚本などで知られるマイケル・ドハティにバトンタッチ。ハリウッドきってのゴジラオタクとして知られるドハティ監督。今作ではこれまでのシリーズや怪獣たちへのオマージュがいたるところに散りばめられ、シリーズファンにとっても嬉しい限り。

なかでも、ドハティ監督がこだわったのが、ゴジラの背びれ。何と、1954年版の初代ゴジラの背びれを採用し、スクリーンに浮かび上がるゴジラのシルエットの美しさを格別のものとしています。まさにキング・オブ・モンスターズ! これぞ、王の貫禄!!

さらに観客の心を鷲掴みにするのが、ゴジラと、モスラ、ラドン、キングギドラといった怪獣たちとのバトルシーン。スクリーン狭しと繰り広げられるバトルは、神話の復活か、はたまた怪獣プロレスか?!

羽を広げた姿が女神のように優美なモスラ、威風堂々とした存在感を発揮するラドン、猛々しくドラゴンの威厳を見せつけるキングギドラ。神々しいまでの壮絶なバトルシーンは、映画史上屈指の名シーンとも言えるでしょう。


前作から5年後を舞台に繰り広げられる、神話時代の怪獣たちによる“王”の座を賭けた鮮烈な戦い。その戦いの行方は? そして、芹沢猪四郎博士をはじめとする特務機関モナークの運命は…。是非、スクリーンで体感して下さい!

1/2ページ

最終更新:6/22(土) 6:50
ニッポン放送

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事