ここから本文です

スアレスが日本戦で負傷 ポルト・アレグレの病院に運ばれる

6/22(土) 8:04配信

SPORT.es

ウルグアイ代表にとって日本代表との引き分け(2-2)だけがコパ・アメリカでのネガティブなニュースではなかった。

日本代表と引き分けたウルグアイ FWスアレスの反応は...

ルイス・スアレスは左手に違和感を感じ、ポルト・アレグレの病院へ訪れることとなったが、今後の大会出場への心配はないようである。

ブラジルから届いた情報によると、最終的に少し驚かされただけで済んだようだ。バルセロナのFWは日本代表との試合中に左手を痛め、最初のチェックを行なった後、チームドクターはしっかりとした医学的検査を受けさせるためにポルト・アレグレにあるマンイ・デ・デウス病院に送る決断を下した。

診察の結果は軽い打撲であった。今後ウルグアイ代表で大会を続ける上での支障はない程度である。バルサのFWはリカバリートレーニングには参加しなかったが、移動先のリオデジャネイロでのトレーニングには参加する予定となっている。

ルイス・スアレスは日本代表戦で打撲を負ってから、特殊な包帯を巻いている。

SPORT

最終更新:6/22(土) 8:04
SPORT.es

こんな記事も読まれています

スポーツナビ サッカー情報

あなたにおすすめの記事