ここから本文です

アン・ハサウェイほか人気セレブ3人の美ボディの秘密を徹底分析

6/22(土) 17:03配信

ELLE ONLINE

役作りや出産、体型バッシングなどストレスフルな状況を乗り越え、美しいボディーをキープしているセレブたち。彼女たちのダイエットやエクササイズを分析すると、生き方そのものと結び付いていることがよくわかる!

【写真】何年経っても歳をとらない?“美魔女“セレブの今と昔を画像比較

ブレイク・ライブリー

自分の体を整えるのが仕事の俳優やモデルたちの体型を見て、一般の女性たちにコンプレックスを感じてほしくないと語るブレイク。彼女自身も体型を他人と比べることはせず、マイペースにダイエット。第2子出産後は加工食品を食べずに「上質な炭水化物と野菜、タンパク質をバランスよく」というポリシーで「ゴシップガール」スタート時と変わらぬ体型をキープ。ワークアウトもサーキットトレーニングで効率よく筋肉をつけている。現在、第3子を妊娠中だが、産後もすぐに元に戻りそう。

アン・ハサウェイ

映画『レ・ミゼラブル』の急激な減量で体を壊してしまったというアン。今はオーガニックの野菜と果物をメインに体にいい脂肪とタンパク質を摂取するヘルシーなライフスタイルを実践。肌と体型維持のために一日グラス10杯程度の水を飲み、砂糖を入れた甘い飲み物は飲まないというダイエットの基本を徹底している。エクササイズも新しいものには手を出さず屋外でのランニングが定番。理由は「きれいな空気が吸えるから」。ベーシックなルールを守り、息の長い美を追求している。

ナタリー・ポートマン

パリに住んでいるときもクロワッサンには手を出さなかったという筋金入りのヴィーガン。実は乳製品にアレルギーがあり、食べたくても食べられないそう。でも食生活はバランス重視。多くのセレブが控える炭水化物も摂取、ディナーでもパスタやワインを楽しんでいる。冷蔵庫にはヴィーガン用のアイスクリームも常備している。エクササイズも「自分を痛めつけない」という主義の下、産後始めたジャイロトニックを続けているそう。無理せず続けられる緩さが変わらない体型の理由。

(text : Yoko Nagasaka)

最終更新:6/22(土) 17:03
ELLE ONLINE

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事