ここから本文です

「声を出す」「逃げる」「身の回りの物を使う」犯罪から守るこどものための護身術

6/22(土) 10:45配信

LIMO

ここ数年の間で、こどもが犯罪に巻き込まれる事件が増えてきました。無邪気なこどもをターゲットにする犯罪者は絶対に許せません。そのような事件に巻き込まれないように親が最低限教えるべき大切なことがあります。

今回は、こどもが犯罪に巻き込まれないために親がこどもに教えられる最低限の護身術について詳しくご紹介します。

こどもがターゲットにされる犯罪とは?

こどもがターゲットにされる犯罪を把握することが一番重要です。ここ数年で最も認知件数が多いこどもをターゲットにした犯罪をご紹介するのでしっかり認識しておいてください。

 わいせつ行為

13歳未満のこどもが巻き込まれた犯罪の中で最も多いのが「強制わいせつ」です。特に女の子が被害に遭うケースが多いのですが、男の子を狙ったわいせつ行為も増加しています。

実際にあった事件
・家族で外食中トイレに立った女児がトイレ内でイタズラされた
・下校中の男児を車に誘いわいせつ行為
・家族不在の自宅へ鍵を開けて入る際に男が押し入りわいせつ行為

このような事件が発生していることを認識しておいてください。

 通り魔

わいせつ行為に次いで多いのが、通り魔による暴行・傷害事件です。記憶に新しいと思いますが、川崎通り魔事件では女児が一人殺害されました。通り魔事件を引き起こす犯罪者のほとんどが歪んだ人格を持つ人間です。弱い人をターゲットにすることで確実に自分の目的・欲求を果たそう(満たそう)とします。

こどもや女性が被害に遭うのは、こういった歪んだ人格を持つ身勝手な者がいるからだということをしっかり覚えておいてください。

 誘拐

わいせつ行為、通り魔に次いで誘拐事件が多く発生しています。誘拐犯はこどもに異常な興味を持つ人間で、純粋なこどもの心を利用して巧妙な会話で近寄ってきます。誘拐をしようとする犯人は、見た目だけではわからないケースが多くあります。

一見するとやさしそうな人に見えたり、普通のおじいちゃんに見えたり、とても悪いことをしようとする人間には見えない場合があるので誘拐は怖いのです。2017年3月24日には、PTA会長による千葉小3女児殺害事件が発生しました。このように誘拐をする犯人は決して「犯罪を起こしそうに見える人間とは限らない」ということを覚えておいてください。

1/2ページ

最終更新:6/22(土) 10:45
LIMO

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事