ここから本文です

スマホがサイフ代わりになる「スマホ決済」丸わかり

6/22(土) 18:00配信

BCN

【2019年6月18日更新】 スマートフォン(スマホ)決済は乱立していてよく分からない――。そうした人の悩みの一助となるよう、二つの軸で、スマホ決済業界をまとめた。

●後発の「バーコード決済」を中心に盛り上がる
 複数のスマホ決済を使い分けると、よりお得に買い物できるが、おおむね3行以上のオンラインバンキング対応の銀行口座もしくは最低3枚以上のクレジットカードを保有し、毎月、自身の裁量で自由に使えるお金があり、さらに自宅や職場、よく行く買い物エリアに利用可能な店舗が複数ある、といった条件を満たしていないと、スマホに複数のアプリを入れるメリットは感じられないだろう。事前にチャージが必要なプリペイド型が多く、それぞれチャージする必要があるからだ。

 また、携帯電話料金と合算して支払い可能な「キャリア決済」が可能な「d払い」「au Pay」を除くと、「本人登録」と呼ばれる銀行口座の登録が精神的、物理的なハードルとなっている。

 iPhoneとAndroidスマホの両方もしくはどちらかで利用できる、主要なスマホ決済サービスを提供企業の主力事業・成り立ち別に分類すると、おおむね「キャリア系」「独立系」「サービス発展系」「銀行・クレジットカード系」に分かれる。
 

 方式としては、スマホの画面に表示されたQRコード・バーコードを店員が読み取り機で読み取るか(ストアスキャン方式)、店頭に掲示された専用QRコードをスマホで読み取り(ユーザースキャン方式)、利用者自身で支払い金額を入力して決済する「バーコード決済」と、「おサイフケータイ」が利用可能なFeliCa搭載スマホやApple Watchなどを読み取り機にかざすだけの「電子マネー(非接触型決済)」に分かれる。非接触型決済の方がスピーディに決済できるが、昨年末以来、注目を集めているのは、事業者側のメリットが大きい「バーコード決済」だ。
 

 利用者にとって、バーコード決済の魅力は、同じ支払金額で多く購入できる、最大20%、最大50%といった「高額還元」だろう。例えば、21時閉店で連日20時から見切り品が20%オフとなるスーパーの場合、最大20%還元キャンペーン期間中ならば時間帯を問わず、決済方法を現金からスマホ決済に変えるだけで全品20%オフになる。値引きを狙ってわざわざ20時に買いに行く必要もなくなり、「食費の節約」と「時短」の一挙両得だ。


●現金払いより得だが、還元を待つ「ゆとり」が必要
 主要なスマホ決済サービスを、還元方式別に分類すると、圧倒的に「ポイント還元」が多い。即時割引のスマホ決済は「Origami Pay」だけ。なお、すでに終了しているが、「じぶん銀行スマホデビット」の「じぶん銀行スマホデビット新規発行&ご利用キャンペーン」は、5月7日から23日までのキャンペーン期間中、支払額に応じ、最大20%を現金でキャッシュバックするという内容だった(詳細はこちら→https://www.bcnretail.com/news/detail/20190516_119017.html)。

 各スマホ決済サービスの還元率が全く同じと仮定すると、お得度は「現金還元(口座振り込み)>即時割引>独自ポイント付与(永久)≒ポイント還元(永久)>独自ポイント付与(期間限定)≒ポイント還元(期間限定)」の順。期間限定ポイントだと、使い忘れて消える可能性があり、一定の比率で使われずに消滅しているからこそ、大幅ポイント還元キャンペーンが成立していると考えられる。
 

 金利0.15%(普通預金0.001%の150倍)の円定期預金として、現金10万円を1年間銀行に預けると、税引き後の利子は121円。対して、例えば、常に最大3%還元の「PayPay」で支払うと、4000円の支払いで、ちょうど120円戻ってくる。4%、5%、7%と還元率がアップするにつれ還元額は増え、20%還元キャンペーン期間中なら同じ4000円の支払いで、ポイントやチャージ残高として1200円相当が戻る。
 

 

 今の超低金利下で利子120円を得るために必要な預け入れ金額・期間と、スマホ決済で120円相当のチャージ残高付与(ポイント還元・割引)を得るために必要な事前準備にかかる時間を比較すると、差は一目瞭然。最新の家計節約術は、スマホ決済サービスの積極的な活用だといえるだろう。(BCN・嵯峨野 芙美)

最終更新:6/22(土) 18:00
BCN

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事