ここから本文です

広島アドゥワ、自責0も3失点で3敗目 失策の小園を責めず「カバーできなかった」

6/22(土) 19:09配信

Full-Count

小園の失策から3失点も…「その前のフォアボールがよくなかった」

■オリックス 3-2 広島(交流戦・22日・マツダスタジアム)

 広島のアドゥワ誠が22日のオリックス戦に先発して6回3失点。失点は味方の失策絡みで自責点は0だったが、打線の援護がなく3敗目を喫した。

【画像】ファン「可愛い」も…野間「チンピラ」 広島・鈴木が幼少期写真を公開

 立ち上がりから走者を背負う苦しい投球が続いたが、要所を締めて5回まで無失点に抑えた。両チーム無得点で迎えた6回表。先頭の大城に四球を与えた後、続く吉田正を当たり損ねのショートゴロに打ち取ったが、1回にも失策を記録していた小園が後逸。併殺打で2死走者なしのはずが一転して無死二、三塁のピンチに変わり、続く中川に2点適時打を許した。さらに1死一、三塁の場面では、ショートゴロからの三本間の挟殺プレーが、走塁妨害で三塁走者が生還となり、結果的に決勝点となる3点目が入った。

 アドゥワは「(小園のミスを)カバーしてあげられなかった」と後輩を責めず、「その前のフォアボールがよくなかった」と反省した。中川のタイムリーは「逆球になってしまった」と、コントロールミスを悔やんだ。

 今季は先発ローテに定着し、プロ初完投勝利も記録したが、交流戦前から不振に陥り、2軍落ちとなった。ファームで完封勝利を記録し、再起を期した先発マウンドで5回までは無失点で「最低限の仕事はできた」と責任は果たした。交流戦では山口、島内、遠藤など若手の起用が目立った投手陣で、昨季53試合登板と一歩抜け出した長身右腕が、再開するリーグ戦に向けてキーマンになりそうだ。

大久保泰伸 / Yasunobu Okubo

最終更新:6/22(土) 19:09
Full-Count

こんな記事も読まれています

スポーツナビ 野球情報

MLB 日本人選手出場試合9/23(月) 9:25

あなたにおすすめの記事