ここから本文です

クレイ・トンプソン負傷の舞台裏を明かすウォリアーズGM「動くなといったのに」

6/23(日) 12:05配信

バスケット・カウント

「しかし、彼はそういう競技者なんだ」

写真=Getty Images


ウォリアーズのクレイ・トンプソンは、ラプターズとのNBAファイナル第6戦で左膝の前十字靭帯を断裂する重傷を負った。

この試合での第3クォーター残り2分22秒、速攻に走ったトンプソンは、ダニー・グリーンのブロックを浴びて空中でバランスを崩して着地し、左膝を痛めた。その場で立ち上がれなくなり、両脇を抱えられて一度はロッカールームに向かったのだが、そこから歩いてコートに戻ってフリースロー2本を決めた。そして走ってロッカールームに戻り、そのままコートには戻らなかった。

『Thursday on 95.7 The Game』に出演したボブ・マイヤーズGMは、当時の状況をこう振り返っている。

「あの時、トンネルで誰かが『フリースローを打たないと試合に戻れない』と言ったんだ。それでクレイは誰の話も聞かずにコートに向かって歩き出した。その時点では診断も受けていなくて、ケガの状況は分からなかった。私は彼を捕まえて、『いいか、よく聞くんだ。フリースローを打ったら動くな。打つだけだ、動くなよ』と指示した。彼は『オーケー、分かった』と言ったんだが、フリースローを打った後に走り出した。彼を信じた私が悪かったのかもしれない。しかし、彼はそういう競技者なんだ」




自分がプレーできなければ勝てない、それはすなわち優勝を逃すことを意味する。アドレナリンが出ていて痛みを感じていなかったのだろう。トンプソンはロッカールームに戻る前にもチームトレーナーにプレーを継続できるか意見を求めていた。その闘志は称賛に値するが、チームを統括するGMにすれば頭を抱えてしまう事態だ。

このオフにフリーエージェントになるトンプソンは、ウォリアーズとの再契約が濃厚と見られている。復帰は早くても来シーズン終盤になるだろうが、もし再び似た状況になったら、マイヤーズGMは今度は力づくでもトンプソンを押さえるに違いない。

バスケット・カウント

最終更新:6/23(日) 12:05
バスケット・カウント

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事