ここから本文です

ゴルフにドラフトはないけれど…プロデビューしたスター候補たちの船出

6/23(日) 11:52配信

ゴルフダイジェスト・オンライン(GDO)

◇米国男子◇トラベラーズ選手権◇TPCリバーハイランズ (コネチカット州)◇6841yd(パー70)

華のあるプレイヤー そういうことか

北米プロバスケットボールリーグNBAの30チームが獲得したいアマチュア選手を指名する『NBAドラフト』が20日(木)夜、開催された。八村塁選手(ゴンザガ大)が日本人として初めて一巡目指名を受けたことで日本でも大々的に報じられたが、全米注目の一大イベントは当ゴルフ大会のメディアセンターでもライブで放映された。

米国の国民的スポーツのひとつであるバスケットボールは大規模な市場を持ち、その頂点に立つNBAプレーヤーともなれば巨額の契約金が動く。八村選手もさっそく、世界的な人気を誇るナイキ社の「ジョーダン・ブランド」との契約が発表された。米フォーブス誌が今月公表した2019年版のスポーツ選手の長者番付によると、上位100人のうちNBAプレーヤーは35人を占めた。最高位はレブロン・ジェームス選手の7位だった。

4人が居並ぶ異例の会見

未来のスターたちがきらびやかなスポットライトを浴びた前日、当地では今年プロ転向した若手選手4人―ビクトル・ホブラン(21)、マシュー・ウルフ(20)、コリン・モリカワ(22)、ジャスティン・サー(22)―による記者会見が開かれた。いずれも大学ゴルフで実績を残してきた逸材だ。これまで新進気鋭の選手たちに出場機会を与えてきた大会としても、4人が居並ぶ会見は異例と言える。

早くもジョーダン・スピース(25)やジャスティン・トーマス(26)ら世界ランキング1位を輩出した世代と比較されるが、中でもともにオクラホマ州立大出身のホブランとウルフは今大会がプロデビュー戦となり、注目を集めている。

人懐っこい笑顔が印象的なホブランは2018年、ペブルビーチGLで行われた「全米アマチュア選手権」をノルウェー人として初めて制した。19年の「マスターズ」(32位)でローアマタイトルを獲得。さらに前週、ペブルビーチ開催された「全米オープン」ではアマチュアの大会最少スコアを塗り替える「280」(通算4アンダー)として12位に入り、メジャー2大会連続でローアマを手にした。

1/2ページ

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo!ニュースからのお知らせ