ここから本文です

横浜流星「あなたの番です」事件解決のキーパーソンに!反撃編のあらすじ公開

6/23(日) 23:56配信

シネマトゥデイ

 人気俳優・横浜流星が物語の重要なカギを握る役として出演するドラマ「あなたの番です」の新章「あなたの番です-反撃編-」(日本テレビ系、日曜よる10時30分~)のあらすじが明らかになった。(以下、ネタバレあり)

田中圭&横浜流星が急接近!「あなたの番です-反撃編-」場面カット【写真】

 4月から2クール連続で放送されている本作は、秋元康が企画と原案を手掛けるノンストップ・ミステリー。15歳年の離れた翔太(田中圭)とカップルの菜奈(原田知世)は、引っ越し先のマンションで行われた住民会で、殺したい人の名前を書いた紙を箱に入れ、クジのように誰かが書いた紙を引くという交換殺人ゲームに参加したことから、本当の殺人事件に巻き込まれていく。

 16日放送の第10話では、402号室の早苗(木村多江)と正志(阪田マサノブ)夫妻に、息子・総一(荒木飛羽)がいたことが判明。部屋に乗り込んだ菜奈は早苗にハンドミキサーで殺されかけ、翔太はベランダから転落した総一を助けてケガで入院。翔太が家に戻ると、菜奈が亡くなっていたという衝撃の展開で第1章は幕を閉じた。

 逮捕された早苗は“ミキサー主婦”として世間の注目の的に。また、早苗たち夫婦は、交換殺人ゲームで403号室の藤井(片桐仁)が名前を書いた医師・山際(森岡豊)の頭部が402号室の隠し部屋あったことについて黙秘を続けていた。

 菜奈の最期の姿を映した動画のことを警察に通報した翔太。刑事の神谷(浅香航大)と水城(皆川猿時)は、サイバー班を連れてきて菜奈のパソコンを解析するが、犯人は特定できずにいた。翔太は、警察の捜査が進まないことにいら立ち、思わず水城につかみかかってしまう。

 そんななか、翔太は住民会に出席。「菜奈を殺害した犯人がいるのでは?」と住民たちを観察する。住民会では、早苗の逮捕を受けて会長は204号室の西村(和田聰宏)に変わる。さらに、管理人の蓬田(前原滉)が304号室に引っ越してきた二階堂忍(横浜)を連れてくる。二階堂は、人工知能・AIを研究する大学院生。会では、AIは凶悪事件の捜査にも使われ始めているという話題になり、一同は微妙な空気になる。

1/2ページ

最終更新:6/23(日) 23:56
シネマトゥデイ

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo!ニュースからのお知らせ