ここから本文です

韓国大統領府 米朝首脳の親書交換を評価

6/23(日) 16:14配信

聯合ニュース

【ソウル聯合ニュース】韓国青瓦台(大統領府)は23日、トランプ米大統領が北朝鮮の金正恩(キム・ジョンウン)国務委員長(朝鮮労働党委員長)に親書を送ったとする北朝鮮メディアの報道を受け、肯定的に評価しているとの立場を示した。

 青瓦台の高ミン廷(コ・ミンジョン)報道官は「政府は朝米(米朝)首脳による親書交換を、朝米対話のモメンタム(勢い)の維持という点で肯定的に評価する。政府は韓米間の意思疎通を通じて認識していた」と説明した。

 韓国政府は、米朝対話が膠着(こうちゃく)状態にある中、米朝首脳の親書交換について事前に把握しており、こうした米朝首脳間の意思疎通を非核化対話再開の「青信号」として判断したとみられる。

最終更新:6/23(日) 16:14
聯合ニュース

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事