ここから本文です

令和最強の女神・南キャン・しずちゃん、結婚報道で際立った“懐の深さ”と“相方愛”

6/23(日) 8:40配信

オリコン

 「令和」に入り、最も世間に衝撃を与えた芸能人同士の結婚ニュースといえば、現在のところ、お笑いコンビ・南海キャンディーズの山里亮太と女優の蒼井優の入籍会見だろう。このビッグカップルのなれそめ等を語るうえではずせないのが相方の山崎静代。蒼井の親友でもあり、恋のキューピッドでもあるしずちゃんに、ネットでは「懐が深い」「いい女」と絶賛の声が多数挙がっている。不仲を乗り越え、相方を笑顔で祝福できた静ちゃんの人間力とは?

【会見写真】この画は癒される…山ちゃんの話に笑いが止まらない蒼井優

■ナイスアシストの連続だった結婚会見とその後の露出

 山里亮太と蒼井優は5日、都内のホテルで記者会見を開き、報道陣を前に入籍を報告した。冒頭の挨拶のあと、司会が「お二人が知り合ったのは?」と質問すると、山里はしずちゃんがキューピッドであったことを発表。すると司会の声と同時にしずちゃんがボクシンググローブをつけて乱入。山里の胸に一撃を食らわせてマイクを奪い、「お前か。ワシの大事な親友を奪ったのは、お前か!」とボケ、その出オチ感に会場には和やかな笑いが起きた。

 その日の深夜、山里のレギュラーラジオ番組『水曜JUNK山里亮太の不毛な議論』(TBSラジオ)ではしずちゃんが泥酔状態で生出演。山里が「なんでベロンベロンになるんだよ。言ったじゃない。きょうはこういう(結婚報告の)日だから、キューピッドだから来てくれてって言ったのに」とツッコむとしずちゃんは思わせぶりに「この空気で不謹慎かもしれないですけど…」と前置き。「お前ら最高やん!」と結局は祝福モードを作った。

 翌日の映画『エリカ38』の舞台挨拶では「どうも蒼井優です」とボケ。「実際に見たら、蒼井優って結構大きいんですよ」と山里と蒼井の結婚と自身の体の特徴を同時にいじり、続けて「映画にちょっとだけ出させてもらってます。恋のキューピッド役として」と、会見の感動と山里への本心からの祝福を思わせるボケで、芸人として笑いも誘った。普段ネタ以外で芸人としてのしずちゃんは目立たないが、一連の流れで自身の立ち位置をしっかり心得た芸人らしい、山里の相方としても満点のふるまいだったといえよう。

■「真面目にがんばってれば、いいことってあんねんなぁ」相方愛に誰もが涙

 5日の会見で山里は、「しずちゃんが僕に言ってくれたんです『まじめに頑張ってればいいことあんねんなぁ』と。いろんな人に気持ち悪いとか言われたり炎上したりがあった。そんな世界でも一生懸命やっていればこんな素敵なゴールを用意してくれるんだと」と発言。山里のこの言葉にしずちゃんも感極まったのか、目にはうっすら涙が。「いやあ、目にゴミが入っちゃって」とボケてごまかしたが(山里からは「古いボケ」といじられたが)、山里へのその言葉は、しずちゃんの人間力が最も現れている言葉だ。

 「そもそも南海キャンディーズは、その不仲ぶりに周囲の芸人からも、とくに山里のしずちゃんへの嫌がらせに対して、『あれはないよ』といわれるようなコンビでした」と話すのはメディア研究家の衣輪晋一氏。「昨年放送された『オードリーのオールナイトニッポン』(ニッポン放送)に山里さんが出演された際、オードリー若林さんも『一回クソみたいなときあったじゃん、山ちゃんの性格が、しずちゃんに対して』と言及。山里さんも『一文字も喋らせるもんかって時期ね(笑)。一回成功して呼吸だけで終わらせたことあったんだよね』と応えていました」(衣輪氏)

 自身がネタを書いているのにしずちゃんばかりがチヤホヤされたことに山里が嫉妬。番組で一切ツッコまないなどの嫌がらせのほか、バラエティの台本のしずちゃんのトークブロクを消す、嫌がらせメールを長文で送る、コンビのオファーなのに相方に黙ってピンで出演などの悪行を繰り返し、ついにはお互いが共演NGを出すという事態にまで発展した。

1/2ページ

最終更新:6/25(火) 19:25
オリコン

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事