ここから本文です

ザ・ローリング・ストーンズ、北米ツアー開幕

6/23(日) 11:29配信

BARKS

ザ・ローリング・ストーンズが金曜日(6月21日)、シカゴにて<Stones : No Filter>北米ツアーを開始した。

◆ザ・ローリング・ストーンズ画像、動画

同ツアーは当初4月20日に開幕予定だったが、ミック・ジャガーが心臓の手術を受けたため、2ヶ月遅れてのスタートとなった。

ザ・ローリング・ストーンズのライブは、ヨーロッパで開催した<Stones : No Filter>ツアーの最終日だった2018年7月8日から約1年ぶり。ミックは「初日はいつも、ちょっと不安定」と話したそうだが、手術の影響も見られず、いつものエネルギッシュな動きとパフォーマンスを披露したという。

彼らはこの日、「Street Fighting Man」に始まり、20曲をパフォーマンス。ファン投票により選ばれたのは、1994年リリースの『Voodoo Lounge』からシングル・カットした「You Got Me Rocking」だった。また、「Sad Sad Sad」(1989年リリースの『Steel Wheels』収録)を17年ぶりにパフォーマンスしたという。

<Stones : No Filter>北米ツアー初日(6月21日 シカゴ/ソルジャー・フィールド)のセットリストは以下の通り。

「Street Fighting Man」
「Let's Spend The Night Together」
「Tumbling Dice」
「Sad Sad Sad」  2002年9月以来
「You Got Me Rocking」 ファンからのリクエスト
「You Can't Always Get What You Want」
「Angie」 アコースティック
「Dead Flowers」 アコースティック
「Sympathy For the Devil」
「Honky Tonk Women」
「You Got The Silver」 Vo:キース・リチャーズ
「Before They Make Me Run」 Vo:キース・リチャーズ
「Miss You」
「Paint It Black」
「Midnight Rambler」
「Start Me Up」
「Jumpin' Jack Flash」
「Brown Sugar」
アンコール
「Gimme Shelter」
「 (I Can't Get No) Satisfaction」

この日は、アラバマ出身のソウル・バンド、St. Paul and The Broken Bonesがオープニング・アクトを務めた。

ザ・ローリング・ストーンズは、次回は同じ会場で6月25日にパフォーマンスする。ツアーは8月31日まで続き、15都市で計17公演が開催される。

Ako Suzuki

最終更新:6/23(日) 11:29
BARKS

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo!ニュースからのお知らせ