ここから本文です

【エディターのお気に入り】開運&きれい。おきよめ温泉と、宙(そら)に一番近いスパ

6/23(日) 14:00配信

ELLE ONLINE

エル・エディターが私的に夢中になっているものをリアル目線でお伝えする、デイリー連載OKINI! 本日はビューティーディレクターYUMIKOが、1泊2日で体験したキレイも運も上げる素敵トリップをご紹介。

パワースポットとしても知られる出雲大社から、車で1時間ほどのところにある皆生温泉。出雲の「稲佐の浜」から泡となった魂がこの浜に流れ着き、新しい心と体が蘇生される(よみがえる→黄泉の国から帰る)言い伝えから、「皆生まれ変わった」→「皆生(かいけ)」と呼ばれるようになったという言い伝えがあります。そんな神々の里「皆生之地」に今年5月にオープンしたばかりの温泉旅館「游月」に1泊2日で行ってきました。

お部屋はすべてオーシャンビュー。日本間に続いたベッドルームの先には、海を眺めながら入れる掛け流しの露天風呂が!

この地から湧き出る温泉は塩をたっぷり含んでいるので「祓い清め」の効果があると言われています。実際、入ってみるとその塩分濃度の濃さに感動。体の温まり方、汗の出方がまるで違い、タラソテラピーを受けているかのよう。

そして今回の旅の目的が、「游月」の最上階にある「floating spa SOLA」。オーシャンビューが広がるすばらしいトリートメントルームは、宙にたたずみ、浮かんでいるような浮遊感に包まれる神秘的な空間です。

その感動をさらに高めてくれるのが、お神酒など出雲大社を意識した数々のリチュアル。そしてシロダーラから始まるヘッド&ボディマッサージに撃沈してしまいました。日常で溜まっていた疲れの原因は“頭疲れ”にもあるといいます。ヘッドの集中ケアを行うことで体と心のストレスや疲れを解き放ち、心身の「Rebirth」へ導いてくれるそう。さらにこの夜は、この地ならではの塩気を含んだ温泉とスパトリートメントの相乗効果のおかげでしょうか、脚の発汗がすごく……翌朝のすっきりした脚に感動!

ちなみに、こちら「游月」のお料理は本当においしかったです。地の旬の食材をふんだんに使った夕食は、ソムリエによるカップリングのご提案も。大浴場の露天風呂はインフィニティ―で空と海と一体になるような不思議な感覚。定期的に訪れたい、そんなお宿でした。

(Text : YUMIKO)

最終更新:6/23(日) 14:00
ELLE ONLINE

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事