ここから本文です

「ショット前の素振り」は本気で行こう! ミスを減らすスウィング前の下準備

6/23(日) 18:30配信

みんなのゴルフダイジェスト

ショットに臨む直前、素振りでスウィングを確認して、いざ!……と、ちょっと待ってほしい。もしかしたらその素振りにミスショットの“危険信号”が出ているかも? やさしく丁寧なレッスンで評判のゴルフインストラクター・吉本舞に、正しく素振りするためのチェックポイントを教えてもらおう。

「コースでは本番1球勝負。なので素振りが大事です」

ショットを打つ前に素振りしてスウィングチェック。ゴルファーが何気なくやっているこの動作が「実はとても重要」なのだと吉本は言う。

「練習ではいっぱいボールがありますが、コースでは本番1球勝負。なのでショット直前の素振りがとても重要なんです」(吉本、以下同)

しかし「誤った素振りをしているアマチュアの方を結構見かけます」と吉本は続ける。

「“本番前の腕慣らし”といった感じで、流れ作業のように素振りをされるアマチュアの方が多いんです。実際にコースでボールを打つときはもちろん本気で打っていきますよね。素振りも本番同様、しっかり振ることがとても大事なんです」

もうひとつ、素振りをする際の重要なポイントは「クラブで地面を擦れているかどうか」。

「ティアップして打つドライバーやバンカーなどを除けば、ラウンド中は地面もしくは芝生の上のボールを打つことになりますよね。素振りのときにクラブで地面を擦れていないということは、つまりクラブがボールに届いていない証拠です。このまま打ってしまうとボールに届かずトップしたり、シャンクしたりと様々なミスの原因になってしまいます」

「全力で振る」、「クラブで地面を擦る」。ポイントはこのたった2つだけ。もちろん、これらがしっかりとできたうえでスウィング全体をチェックすることも重要だ。

「コースに行くと、少なからず緊張しますよね。すると体はガチガチに固まりやすく、特に切り返しからインパクトの瞬間に向かってグッ! と力みがちです。まずは力みながらでもいいので素振りをしてみて、スムーズに一筆書きのような流れでスウィングできているかをチェックすることも素振りの大切な役割です」

2つのポイントを意識しながら素振りをしてショットに臨めば、いつもと違う結果になるかも!?

協力/東京ゴルフスタジオ

みんなのゴルフダイジェスト編集部

最終更新:6/23(日) 18:30
みんなのゴルフダイジェスト

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事