ここから本文です

竹原慎二、世界を獲るヤツは誰だって最初は「勘違い野郎」 “ガチンコ騒動”の本音も激白

6/23(日) 11:06配信

AbemaTIMES

 控室に入ると、キレイに揃えられたひと際大きな革靴が目に入った。聞けばそのサイズは29センチ。大きな足の主は、元ボクシングWBA世界ミドル級王者・竹原慎二さんだ。

「現役時代は28.5センチだったんですけどね……現役を退いてから足裏の筋肉が衰えてアーチが低くなり、ベターッと偏平足気味にサイズが大きくなったみたいです」

 かつての“コワモテ”イメージからは想像もつかないほど、他愛ない質問に対して笑顔で答えてくれた竹原さんは、2014年11月にステージ4の膀胱がんを患い、過酷な闘病生活の末に完治を果たした。今月12日に更新した自身のブログでは、グラス片手に笑顔を浮かべる写真を公開しており「今日で術後丸5年だよ。今頃ICUで地獄の悶絶中だった。もう2度と経験したくないわ」と“生存率25%”からの生還をしみじみ振り返った。

 竹原さんといえば、現役時代の強さ、迫力もさることながら、およそ20年前に放送されていたTBSの人気企画「ガチンコファイトクラブ」の“鬼コーチ”の印象が思い浮かぶ人も多いだろう。荒くれ者を集め、スパルタ教育でプロボクサーを養成していく企画だったが、若者の成長する姿と同様に、随所に繰り広げられる乱闘劇も見どころの一つだった。

 その人気を改めてうかがい知るきっかけとなったのが、15日に放送を終了したAbemaTVの格闘リアリティ番組「格闘代理戦争4thシーズン」でのある出来事だ。同番組は格闘技界の次世代スターを誕生させるべくスタートした格闘ドキュメンタリ番組で、第4弾となる今回は「K-1」のトップファイターたちが「監督」となり、勝ち抜き制によるチーム戦で激突した。その中で、さながら「ガチンコファイトクラブ」のような一幕が繰り広げられたのは、竹原さんがK-1の人気ファイターである芦澤竜誠率いる「芦澤一家」のもとを訪れた時だった。

「おい、お前らちょっと来いや」

 ジムに入るなり、そう凄まれた芦澤監督は“売り言葉に買い言葉”で胸倉を掴み大乱闘劇を演じてみせた。そしてその動画は、135万回の再生回数を数えた。そのことについて触れると、竹原さんは次のように答えた。

「本気であんなことやったら俺、とんでもない輩じゃないですか(笑)」

 とはいえ、久しぶりの“ガチンコ”は懐かしく、楽しくもあったようで「彼ら(芦澤一家)も面白がってやってくれたのでよかった」と笑顔を見せた。そしてその放送以降、街で視線を感じる回数が増えたという。

「それが直接的な原因かは分かりませんが、年配の人ではなく、若い人からの反応が増えました。中学、高校生くらいの子どもたちが、僕のことをジロジロ見るんです。ただ見るだけじゃない。以前ガチンコをやっていた時と同じ、二度見、三度見です。ネットで過去のことを色々と検索したんでしょうね。『このオッサン、昔はスゴかったんだ』という目です」

1/2ページ

最終更新:6/23(日) 11:26
AbemaTIMES

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事