ここから本文です

西武3位浮上の立役者は秋山 猛打でイチローに並んだ

6/23(日) 19:02配信

西日本スポーツ

 ◆阪神3-7西武(23日・甲子園)

 自慢の強打で逆転に成功した西武がリーグ戦で3週間ぶりの3位に浮上した。

【写真】秋山「メジャーみたいだったかな」自画自賛のHRキャッチ

 1‐1の5回、秋山が勝ち越しタイムリー。6回は金子侑、愛斗、秋山のタイムリーなど打者一巡の猛攻で一挙5点を加えた。ルーキー松本航は5回1失点の粘投。甲子園初登板で今季3勝目を挙げた。

 3安打3打点の活躍でチームの連敗を止めた秋山はリーグ最多10度目の猛打賞。猛打賞のシーズン2桁回数が5年連続7度目となり、パ・リーグのみの数でイチローら7人に並んだ。最多は張本勲の12回、プロ野球最多も張本で15回(セで3回)。

 西武は交流戦前の最後の試合だった2日のロッテ戦で敗れBクラスに転落。交流戦中はリーグ戦で4位にとどまっていたが、最終戦で日本ハムをかわしてAクラスに復帰した。28日に再開するリーグ戦ではまずオリックスと対戦する。

西日本スポーツ

最終更新:6/23(日) 19:02
西日本スポーツ

こんな記事も読まれています

スポーツナビ 野球情報

MLB 日本人選手出場試合7/19(金) 23:45

あなたにおすすめの記事