ここから本文です

全国大会へ24人 黒部でわんぱく相撲

6/23(日) 12:28配信

北日本新聞

■初開催の女子も白熱

 第26回わんぱく相撲富山ブロック大会は23日、黒部市の宮野運動公園相撲場で行われた。県内の小学4~6年生が白熱した取組を繰り広げ、全国大会に出場する男女24人が決まった。女子の予選会は初開催。

 男子は4年が池永悠大君(氷見)、5年が三澤賢人君(富山)、6年が浦山将瑛君(同)がそれぞれ優勝。女子は4年が千代彩生さん(黒部)、5年が堀田みず希さん(高岡)、6年が稲垣奈紗さん(黒部)がそれぞれ制した。

 県内9地区を代表して男子27人、女子18人が出場。学年ごとに総当たり戦を行い、それぞれ上位4人が全国大会への出場権を得た。全国大会は、男子が8月4日、女子が同月25日に、いずれも東京で行われる。

 富山ブロック大会は、県内九つの青年会議所でつくる実行委員会が主催した。

◇男子
▽4年(2)古村斗和(高岡)(3)七澤泰斗(黒部)(4)加藤竜也(富山)
▽5年(2)藤本空(射水)(3)井畠悠希(氷見)(4)佐藤駿(新川)
▽6年(2)福光琉泉(射水)(3)岩倉拓希(となみ)(4)水島礼煌(黒部)
◇女子
▽4年(2)中田結菜(となみ)(3)酒井萌華(射水)(4)北守妃那乃(小矢部)
▽5年(2)中瀬葵(黒部)(3)關野沙弥(氷見)(4)梅本賀英(射水)
▽6年(2)犀藤凛(高岡)(3)清水寧々(氷見)(4)堀井千彩(射水)

北日本新聞社

最終更新:6/24(月) 1:07
北日本新聞

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事