ここから本文です

メキシカンLの元DeNA荒波翔、AKB入山杏奈さんから「勇気」 記念写真も投稿

6/23(日) 18:39配信

Full-Count

メキシコでの元DeNA対決で入山さんが始球式「スペイン語もペラペラ話せていました」

 昨季までDeNAでプレーし、今季はメキシカンリーグのスルタネス・デ・モンテレイでプレーする荒波翔外野手が自身のインスタグラムを更新。DeNA時代のチームメートで、ブラボス・デ・レオンに所属する久保康友投手との対決に注目が集まった21日(日本時間22日)の試合で始球式を行ったAKB48の入山杏奈さんとの記念写真を公開している。

【画像】DeNA時代の同僚・久保康友が入った貴重な“3ショット”も…荒波翔が公開したAKB入山杏奈さんとの記念写真

 荒波は「1番・センター」で3連戦の初戦にスタメン出場し、先発した久保と対戦した。2人の対決は3打数無安打という結果に終わったものの、試合はモンテレイが5-2で勝利。1万839人が応援に駆けつけた本拠地での後半戦初戦を制した。

 荒波の妻でフリーアナウンサーの宮崎瑠衣さんが両チームのスターティングメンバーを日本語で読み上げるなど、「サムライシリーズ」として行われている3連戦。試合前には、テレビドラマの撮影で約1年前からメキシコシティに住んでいるAKB48の入山さんが始球式に登場してストライクを投げ込んだ。さらに、テレビの収録では流暢なスペイン語も披露。そんな入山さんの姿に荒波も刺激を受けたようだ。

 インスタでは、入山さんとの2ショット、久保も入った“3ショット”を公開。荒波は「昨日、サムライシリーズを盛り上げに来てくれた入山杏奈さん 始球式やインタビューなどで盛り上げてくれました!! 始球式も見事ノーバン送球 入山さんはメキシコに来て1年位らしいのですがスペイン語もペラペラ話せていました」と感心した様子で、「戦う舞台は違うけど、異国で頑張る日本人がいることに勇気を頂きました! ありがとうございました」と綴った。

 日本から遠く離れたメキシコで、さらなる活躍を見せてくれそうだ。

Full-Count編集部

最終更新:6/23(日) 18:39
Full-Count

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事