ここから本文です

仙台が関口&ハモン弾で3連勝!FC東京は今季初2連敗で次節・首位攻防戦へ

6/23(日) 21:04配信

ゲキサカ

[6.23 J1第16節 仙台 2-0 FC東京 ユアスタ]

 J1リーグは23日、第16節を行った。ユアテックスタジアム仙台ではベガルタ仙台とFC東京が対戦。MF関口訓充とFWハモン・ロペスのゴールにより仙台が2-0で勝った。

 首位に立つFC東京と15位・仙台の一戦。前半から激しい球際でのバトルを繰り広げ、互いに集中した守りを展開する。そのため、なかなかエリア内からシュートを放つことができず、遠目からのシュートが目立った。

 前半はスコアレスのままで終了。FC東京は後半6分、MF橋本拳人のインターセプトの流れからペナルティーアーク手前でパスを受けたMF高萩洋次郎が思い切りよく右足を振り抜く。強烈なシュートだったが、わずかにゴール右に外れ、ゴールネットを許すことはできない。

 対するホーム仙台は後半20分、右CKからDF永戸勝也が左足でゴール前に蹴り込み、ファーサイドにこぼれたボールにMF蜂須賀孝治が反応。右足ボレーを放つが、GK林彰洋に至近距離で止められ、チャンスをいかせなかった。

 均衡が破れたのは後半29分だった。仙台は右サイドのハーフェーライン付近からDFシマオ・マテが前線にロングパスを供給。FW長沢駿は足もとにおさめることができなかったが、エリア内でこぼれ球を回収したMF関口訓充が巧みなステップで対峙したDFのマークをはがして右足を振り抜く。これがゴール右隅に吸い込まれ、仙台が1-0とした。

 さらに仙台は後半43分、右サイドから蜂須賀がボールを運び、PA右手前のFWハモン・ロペスに横パス。ハモン・ロペスが迷うことなく左足を振り抜くと、強烈なシュートがニアに突き刺さってダメ押し。仙台が首位クラブを2-0で下し、3連勝とした。敗れたFC東京は、今季初の2連敗を喫した。

 なお、29日に行われる次節は味の素スタジアムでFC東京(勝ち点33/得失点差+11)と横浜F・マリノス(勝ち点30/得失点差+7)による首位攻防戦が開催される。

最終更新:6/23(日) 21:10
ゲキサカ

こんな記事も読まれています

スポーツナビ サッカー情報

海外サッカー 日本人選手出場試合

あなたにおすすめの記事