ここから本文です

スター・ウォーズ最新作の邦題決定「スカイウォーカーの夜明け」

6/24(月) 0:00配信

デイリースポーツ

 12月20日に日米同時公開される世界的人気SF映画「スター・ウォーズ」のシリーズ最新作の邦題が「スカイウォーカーの夜明け(原題・The Rise of Skywalker)」に決定したことが、24日午前0時に発表された。

【写真】チューバッカの“中の人”が死去

 歴代を通じて、固有名詞がタイトルに組み込まれるのは本作がシリーズ初。今年4月に全米で原題が発表されて以来、日本ではどのようなタイトルになるのか注目が集まっていたが、ついに解禁となった。

 本作は「スター・ウォーズ」(77年)から始まる「スカイウォーカー・サーガ」の完結編。J.J.エイブラムス監督が「これは9本の映画の終わり。40年間に渡って作られてきたストーリーの終わりです」と語るように、42年間語り継がれてきた“伝説”が幕を閉じる。完結編と銘打っているが、ストーリーはいまだ謎に包まれたまま。タイトルが示す「スカイウォーカー」「夜明け」が意味するものとは一体何なのか、注目が集まる。

最終更新:6/24(月) 0:00
デイリースポーツ

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事