ここから本文です

藤田光里が“光”を取り戻す 「大好きな静岡」でステップ初V

6/24(月) 7:02配信

ゴルフ情報ALBA.Net

<ユピテル・静岡新聞SBSレディース 最終日◇23日◇静岡カントリー 浜岡コース(静岡県)◇6424ヤード・パー72>

激闘制し… 藤田光里の笑顔がまぶしい【写真】

「今年は自分に期待しないようにしている。楽しくゴルフができればそれでいい」

ステップ・アップ・ツアー今季第8戦「ユピテル・静岡新聞SBSレディース」最終日のスタート前にそう話していた藤田光里。この日、7バーディ・1ボギーの「66」をマークして首位との1打差を逆転し、ステップ初優勝を飾った。

壮絶なスコアの伸ばし合い。最終組がハーフターンを迎えた時点で、トータル11アンダーで藤田ら4人が並ぶ大接戦だった。変わらず首位タイで迎えた15番パー4は藤田にとって2日連続でボギーを叩いている苦手なホールだったが、ここをパーで乗り切り、直後の16番パー5。

「ティショットは、フェアウェイに置けたんですけど、ボールが落ちてできたくぼみみたいなところにボールが入ってしまった。チョロというかトップして転がっていって、すごく恥ずかしかった。顔には出さなかったですけど、あれで気持ちがすごくラクになりました」

アクシデントも前向きに捉え、このホールで約3mを沈めてバーディ奪取。単独トップに躍り出ると、上がり2ホールをパーでまとめて逃げ切った。

17年に賞金シード権を喪失。昨年はゴルフ人生の“どん底”も味わった。「去年の1月に左肘の手術をして、もうゴルフはできないと思った時期もあった。去年はLPGAツアーに出たかったから、手術明けに急いでリハビリに取り組んだ。まだ肘もちゃんと伸びない時期から、ゴルフもした。とにかく苦しかった」。

その苦境を乗り越えて、この日果たした復活優勝。静岡とは何かと“縁”がある。「2013年のファイナルQTで1位になって、15年のフジサンケイレディスクラシックで優勝。今年のLPGAツアーで予選を通ったのも静岡でした。家族やギャラリーの皆さんや応援団の方々と、この優勝を共有できて本当に良かったです。静岡は大好きです!」。思い出深い地で、藤田の笑顔に“光”が差していた。

(撮影:上山敬太)<ゴルフ情報ALBA.Net>

最終更新:6/24(月) 7:02
ゴルフ情報ALBA.Net

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事