ここから本文です

【F1 フランスGP】ハミルトンが王者の貫禄、堂々の走りでポールトゥウィン

6/24(月) 1:17配信

レスポンス

F1グランプリ第8戦フランスGPの決勝レースが22日にポール・リカール・サーキットで行われ、ルイス・ハミルトン(メルセデス)が一度もトップを譲ることなく、堂々の走りでポールトゥウィンを決めた。

[関連写真]

ポールポジションからスタートを決めたルイス・ハミルトン(メルセデス)は、2位バルテリ・ボッタス(メルセデス)との差を徐々に広げ、ピットインのタイミングも含めて一度もトップを譲ることなく優勝。

ハードタイヤを履いているにもかかわらず、ファイナルラップでファステストラップの1ポイントを取るべく、渾身の走りで1分32秒764を記録するなど、王者の貫禄を見せつけた。残念ながら、その前の周にソフトタイヤに履き替えアタックしたセバスチャン・ベッテル(フェラーリ)が直後に0.024秒速いタイムを記録し、ファステストラップは獲得できなかったが、使い古したハードタイヤでのタイムとしては、信じられないほど驚異的なものだった。

2位争いはファイナルラップにもつれ込み、最終コーナーひとつ手前でシャルル・ルクレール(フェラーリ)がボッタスに並びかけるも抜くには至らず、2位ボッタス、3位ルクレールでチェッカーを受けた。4位はルクレールにプレッシャーをかけるも、終盤失速してしまったマックス・フェルスタッペン(レッドブル・ホンダ)。5位はファイナルラップでファステストラップを叩き出したベッテル。6位には好調マクラーレンのカルロス・サインツが入った。

フェルスタッペン以外のホンダ勢は苦戦し、ピエール・ガスリー(トロロッソ・ホンダ)は11位、ダニール・クビアト(トロロッソ・ホンダ)は14位、アレクサンダー・アルボン(トロロッソ・ホンダ)は15位だった。


F1フランスGP 決勝結果
1. ルイス・ハミルトン(メルセデス)
2. バルテリ・ボッタス(メルセデス)
3. シャルル・ルクレール(フェラーリ)
4. マックス・フェルスタッペン(レッドブル・ホンダ)
5. セバスチャン・ベッテル(フェラーリ)
6. カルロス・サインツ(マクラーレン)
7. ダニエル・リカルド(ルノー)
8. キミ・ライコネン(アルファロメオ)
9. ニコ・ヒュルケンベルグ(ルノー)
10. ランド・ノリス(マクラーレン)
11. ピエール・ガスリー(レッドブル・ホンダ)
12. セルジオ・ペレス(レーシングポイント)
13. ランス・ストロール(レーシングポイント)
14. ダニール・クビアト(トロロッソ・ホンダ)
15. アレクサンダー・アルボン(トロロッソ・ホンダ)
16. アントニオ・ジョビナッツィ(アルファロメオ)
17. ケビン・マグヌッセン(ハース)
18. ロバート・クビサ(ウィリアムズ)
19. ジョージ・ラッセル(ウィリアムズ)
以上完走
--. ロマン・グロージャン(ハース)

《レスポンス 藤木充啓》

最終更新:6/24(月) 1:17
レスポンス

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事