ここから本文です

7年後に発覚した双極性障害 それでも家族が壊れなかった理由 「1億円の豪邸」購入、あわてて止めた夫

6/25(火) 7:00配信

withnews

 仕事にやりがいを感じ、帰宅が深夜になることが当たり前だったのに、突然起き上がれなくなり、「うつ病」と診断される。そして7年後 実は「双極性障害」(双極症)と分かる――。「病気になったばかりのころ、同じ病気の人が書いた闘病記を必死に探しました」。そう振り返る海空るりさんが、今年、自身の闘病記を一冊の本にまとめました。ひどい時は、ネットで本を買いまくり、1000万円のクルーズ旅行を予約したり、1億円の家を買おうとしたりしたことも。それでも、夫と小学生の子ども2人の家族が崩壊せず、「寛解」にたどり着きました。適切な治療や福祉サービスなどソーシャルリソースの存在と、それを知るための人間同士のネットワークの大切さについて考えます。(朝日新聞記者・岩崎賢一)

【漫画】過労自殺「死ぬくらいなら辞めれば」ができない理由 体験漫画に共感

ワーカーホリックがある日突然起きられなくなった

 自宅を訪ねると、海空さんと夫が出迎えてくれました。ともに40代。子どもはお稽古ごとで外出中でした。大きなテーブルを囲み、2005年の発症前後の生活から振り返ってくれました。

 「2003年に結婚しましたが、ほとんど新婚生活というものがなかったですね」

 海空さんがこう言うと、夫もこう付け加えました。

 「付き合っていたころから、ワーカーホリックだったからな」

 海空さんが取り組んできた活動が社会的に評価され、大学勤務という希望の職種・職場に就けたところでした。深夜に帰宅ということが多くなり、結婚後も夫は「相変わらずやっているな」と思っていたところでした。

 ところが、希望の職場で働き始めてから1年後、海空さんは異変に気付きました。

 「ある日突然起きられなくなって、定時に職場に行けなくなったんです」

 まもなくして全く職場に行くことができなくなりました。夫が、嫌がる海空さんを病院に連れて行くと、「うつ病」と診断されました。

 休職し、治療を始めますが、処方薬の効果があり、不調がうそだったかのように朝早くに目が覚め、「もう治ったんだ」と思ってしまうほどでした。それでも、家事はできても、パソコンで作業をしたり、外出するのに化粧をしたりすることはできないままでした。

 「私は仕事を始めるとアクセルを踏みっぱなしにして、ブレーキをかけられなくなり、みずからを過労に追い込んでしまう」(著書抜粋)

 こう考え、発症から半年後に退職したそうです。

1/4ページ

最終更新:6/25(火) 11:24
withnews

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事