ここから本文です

「ストレンジャー・シングス」ではトリオで行動?すっかり成長したオタク少年たち!

6/24(月) 9:02配信

シネマトゥデイ

 7月4日のシーズン3配信が迫るNetflixドラマ「ストレンジャー・シングス 未知の世界」で、物語の中心となるオタク少年を演じる、フィン・ウォルフハード(マイク役)、ノア・シュナップ(ウィル役)、ケイレブ・マクロクリン(ルーカス役)。今やアメリカのティーン俳優を代表する人気者となった彼らに、シーズン3のセットで話を聞いた。

【動画】”裏側の世界”の脅威再び!「ストレンジャー・シングス」新予告

 「ストレンジャー・シングス」は、マイク、ウィル、ルーカス、ダスティン(ゲイテン・マタラッツォ)の中学生4人組を中心に、“裏側の世界”にとつながってしまった、アメリカの田舎町ホーキンスで起きる事件を描く人気シリーズ。舞台となる1980年代を忠実に再現した世界観や、少年少女と彼らを取り巻く住人たちのドラマが好評を呼び、現在では世界中のファンが新シーズンを待ち焦がれる人気番組となった。

 シーズン3で描かれるのは子供たちの夏休み。ダスティンはシーズン2で友情を育んだスティーブ(ジョー・キーリー)と行動する場面が多く、今回はトリオで行動する場面が多くなるという。フィンが「学校のない時期が描かれるのは初めてだよね。自由な世界のなかで、いろんなことをして、新しい冒険もして……」と語ると、ノアは「新しいバイブスがあるんだ。僕らも、超絶ショートなパンツを履いてる」と爆笑。確かに、番組スタートから3年が経った彼らは、手足も伸びて、すっかり子供から“ティーンエイジャー”になった。

 「時は止められないからね。シーズン1からしたら相当変わったし、(番組のクリエイター)ダファー兄弟も、それを意識しているよ。『ハリー・ポッター』のように、キャラクターと共に僕たち俳優も成長して、それがストーリーに反映されるっていうね」というフィンに、「僕たち、相当変わったよね。顔とかも」と続いたノアは「今シーズンの(台本の)読み合わせのとき、プロデューサーのショーン・レヴィに、『オーマイガッド! 声がすごい低くなっているよ。……もう少しだけ高い声で話すことってできる?』って頼まれたこともある(笑)」と明かす。

1/2ページ

最終更新:6/24(月) 9:02
シネマトゥデイ

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事