ここから本文です

(患者を生きる:3823)眠る ナルコレプシー:1 黙祷で寝入り「病気かも」

6/24(月) 16:00配信 有料

朝日新聞デジタル

 よく寝る子――。千葉県に住む駒沢典子(こまざわのりこ)さん(49)は幼いころ、まわりからそう思われていた。
 友達と遊んでいても、勉強をしていても、自分の意思とは関係なく眠りに落ちてしまう。
 小学生のとき、かくれんぼをして遊んでいると、なぜか急に眠くなった。「のんちゃん、いないね」。心配した友達がトイレで寝ているところを見つけてくれた。
 中学生になると、授業中にずっと起きているのがつらくなった。「教えてくれる先生に悪い」とは思うが、眠気を抑えられない。ただ、まわりを見渡すと、ほかにも寝ている人はいた。だから、とくに気にしなかった。…… 本文:1,006文字 この記事の続きをお読みいただくには、朝日新聞デジタルselect on Yahoo!ニュースの購入が必要です。

サービスの概要を必ずお読みいただき、同意の上、ご購入ください。 購入した記事は購読一覧で確認できます。

朝日新聞社

最終更新:6/24(月) 16:00
朝日新聞デジタル

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事