ここから本文です

【RIZIN】グラマーRIZINガール・川村那月の夢は格闘家!? トレーナー「センスあり」

6/24(月) 15:26配信

イーファイト

 日本レースクイーン大賞2018で特別賞を受賞、さらに格闘技団体・RIZINでラウンドガールとしても活躍中の川村那月(26)が、2枚目となるDVD『いつかね!』(竹書房)をリリース。

【フォト】ジムでしなやかに足を上げる川村那月

 その発売を記念し、6月22日(土)に東京・秋葉原のソフマップアミューズメント館にてPRイベントを行った。

 7月28日にさいたまスーパーアリーナで行われる『RIZIN.17』でRIZINガール(ラウンドガール)として登場する川村に、RIZINの面白さを聞くと「RIZINガールとして3年目になるんですよ。今年から大会が増えまして、いつもこんなに豪華なカードでいいのかって思うほどですね。まず会場に来てRIZINを観ていただきたいです。本当にエンターテインメントとしてすばらしいので、まったく格闘技を知らない方にもRIZINを会場で観ていただければ1回で好きになってもらえると思います」とRIZINをPR。

 このグラマラスボディを保つ秘訣は体を動かすこと。「私は体育会系なので元々いろんなスポーツをやっているんですよ。その中でもダンスをずっとやっていました。とにかく運動が何でも大好き」という。

 都内のキックボクシングジムにも足を運ぶ彼女。「そろそろリングに立ちたいですね。いつかその夢をかなえたいです」とまさかの格闘技デビューをほのめかした。

 川村を指導したことのある元新日本キック王者の蘇我英樹は「ダンスをやっていたり運動経験があるので、リズム感もあるし体が柔らかく足が上がる。おまけに手足が長い。体軸もしっかりしていてセンスはありますね。基本フィットネス、エクササイズ感覚の練習ですが、キック選手がフォームから本格的に教えているので、試合に出ると決めてしっかり練習すれば面白いと思います」と可能性を語る。

 しかし、川村は現在、今年9月にグランプリが決定する『サンスポ レースクイーンAWARD2019』に参戦中。暫定1位を獲得しており、美ボディ作りのエクササイズは続きそうだ。RIZINのリングに上がるとなれば仮面女子の川村虹花とのW川村ビジュアル対決か、試合とはいかなくてもまずはエキシビションでミット打ちでもいいから川村那月のキック、パンチを是非見たいところだ。

【プロフィール】
川村那月(かわむら・なつき)
身長165㎝ B89  W59  H90
生年月日:1993年3月17日
血液型:A型
出身地:東京都
趣味:舞台鑑賞・映画鑑賞・カラオケ
特技:ダンス・クラシックバレエ

最終更新:6/24(月) 16:06
イーファイト

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事