ここから本文です

和民と座・和民が「竹ストロー」導入 プラごみと放置竹林の問題に対応

6/24(月) 13:56配信

ねとらぼ

 ワタミが展開している居酒屋「和民」「座・和民」全店で、6月27日からプラスチックストローが廃止され、主に竹の食物繊維を使用した「竹ストロー」に切り替わります。プラごみによる環境汚染だけでなく、放置竹林の問題にも対応する施策となっています。

和民と座・和民とは

 竹は根が浅いため地滑りの原因となったり、強い繁殖力で他の樹木を蝕んだりと、放置竹林による環境への影響は近年指摘され始めています。こうした問題解決の一助として、竹ストローには伐採した天然の竹のみを使用しているそうです。

 土壌でも海洋でも、3カ月~半年ほどで自然に還る性質があり、もし生き物が誤飲しても消化されるとのこと。可燃ごみとして廃棄可能で、燃やしてもダイオキシンなどの有害物質が発生しないうえに燃焼カロリーが3800kcalと高いため、燃料としての利用も検討されています。

 竹ストローは、ソフトドリンクを注文した客が希望した場合のみ提供するとのこと。同社は他の外食ブランドでも導入する予定です。

ねとらぼ

最終更新:6/24(月) 13:56
ねとらぼ

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事