ここから本文です

中京テレビ恩田アナ、乳がんドキュメントに三村、ビビる、古坂大魔王らがエール

6/24(月) 11:48配信

デイリースポーツ

 23日深夜に日本テレビ系「NNNドキュメント 私…がんになりました。アナウンサーの乳がん闘病記」で、中京テレビの恩田千佐子アナウンサー(51)の闘病記が放送された。これに、芸能人からもSNSでエールが届けられている。

【写真】乳がんから復帰の歌手、大ヒット曲を熱唱

 恩田アナは12年前に夫を病気で亡くし、シングルマザーとして2人の子供を育てている。そんな恩田アナは17年11月に自身が出演する番組で乳がんを公表。番組では病と闘う恩田アナの闘病記を放送した。子供達への告知、番組での発表、手術に向かう様子や、術後の復帰に向けた動きなども細かく報じた。この番組の語りは恩田アナ自身が行っている。

 この番組に、恩田アナと一緒に仕事を行った芸能人からもSNSを通じてエールが届いた。

 ビビる大木は「息子さんに乳がんを報告するとき、敬語だった。その思いが伝わってきます。本人の決断。何事も本人の決断ってとても大きいね。恩田さんのパワーは半端ないからね」とツイート。

 さまぁ~ずの三村マサカズも「たしか、20数年前に24時間テレビで、名古屋のテレビでお世話になりました。頑張って!としかいえませんが、一緒に頑張っていた人が、もがき苦しんでいる姿に愕然とします。恩田さん頑張って!」とエール。続けて「恩田さんは親しみやすい、同じ時代の思い出です!美人アナウンサーでしたね。今も、頑張っている姿にジーンとしています。よかった」とつぶやき、24時間テレビで一緒に募金をしたことを振り返り「懐かしいなぁ。ほぼ放送されてないよね。。バカルディ苦労時代」と懐かしんだ。

 古坂大魔王もツイッターで「戦う人はかっこいい。僕たちは死に向け戦うし、生に向け戦う。戦いは他を倒すだけではない『抗う』のも戦い」とつぶやき「恩田アナ。この番組を引き受けたのも公開したのも、かっこいいす。明日、伝えよう」とエール。

 名古屋で育ったタレントのフィフィも「夫を病気で失い2人の子を育てる恩田アナ、名古屋育ちなので馴染み深いです。応援しています」とつぶやいていた。

最終更新:6/24(月) 12:09
デイリースポーツ

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事