ここから本文です

大谷が今季代打初安打「(代打が)ないかなとは思ってた」、「いいんじゃないかな」

6/24(月) 13:08配信

スポーツ報知

◆カージナルス4―6エンゼルス(23日、セントルイス ブッシュ・スタジアム)

 エンゼルス・大谷翔平投手(24)が23日(日本時間24日)、敵地・カージナルス戦の1点リードで迎えた6回1死一、二塁で、代打で出場。今季の代打5打席目で初安打となる右前安打を放って1死満塁とチャンスを広げ、続くラステラの中前適時打で追加点につなげた。チームの連敗も3で止まった。試合後の一問一答は以下の通り。

【写真】大谷の同僚守護神が「30本くらい打ってもらわないと困りまっせ」

 ―代打で今季初安打が出たが。

 「ある程度(代打で)出る所は決まっているので、ただ今日はすごいいいピッチングを(スカッグスが)していましたし、球数も少なかったですし、ないかなとは思っていましたけど、『行くよ』と言われたので、しっかり準備していこうと思いました」

 ―左投手から放った安打に意味はあるか。

 「(右腕か左腕か)どちらかというのはあまり関係なく、ただ浅い回であまりピッチャーも使いたくないところでしたけど、しっかり僕の所から(左腕に)変えてくるというところで、打ったと言うことに関しては、いいんじゃないかなと思います」

 ―プホルスが古巣凱旋(がいせん)でものすごい雰囲気だった。

 「すごかったですね。エンゼルスタジアムなのかなと思うくらい、盛り上がっていましたし、そういう所で昨日もホームランを打って、今日もヒットを打って。打つべき所で打って、すごいな、スターだなと。チームメートだけどベンチからはそう見えました」

 ―オールスターのファン投票での選出はならなかったが。

 「僕が出られないのは普通じゃないかなと。1か月休んでいるので、前半戦も半分以上は出ていないですし、普通じゃないかなと思います」

 ―出てみたい気持ちは?

 「出てみたいという気持ちはどの選手もあるんじゃないかなと思います」

 ―1打席限定の中で大事にしていることは?

 「打席に行ったら変わらないですね、普段とは特に変わらないです。どこで行くかわからないので、ある程度は決まっていますけど、そこにしっかり合わせられるかどうかが大事だと思います」

 ―特に意識していることは。

 「準備はするんですけど、いつ行くか分からないので。ランナーが出たり出なかったりの状況も、相手のピッチャーの兼ね合いもそうですし。なので、僕の心の準備が出来ていなくても、『行くよ』と言われた時に、特に気にすることなく、準備はしてもしなくても、打席に行ったら変わらないくらいの気持ちで行けるかが、大事かなと思っています」

 ―4試合連続代打で学んだものはある?

 「ナ・リーグの試合は去年もこういう感じで出たりとか、休みの試合もあるので。そういうときに代打の準備もしているので。特にこの何試合でというのはないかなと思います」

 ―今季の代打初安打で安心したか。

 「代打で1本出たのもそうですし、打席の中で試合に出ていないと、どういう風に見えるかが分からなくなるので、継続的に1試合に1打席でも、出続けてどういう感じで見えるかなというのが、学習できたのはよかったかなと思います」

 ―セントルイスのファンは熱狂的だった。

 「すごかったですね。人もすごかったですし、球場も今までの中でもかなりきれいで、人気も伝統も感じる感じかなと思います」

 ―球宴には日米で出て欲しいという期待もあるが。

 「特にそれ(期待)は感じないですね。レギュラーシーズンをしっかりいいものに出来れば、必ず出られたりするんじゃないかなと思うので、レギュラーシーズンの延長線上なんじゃないかなと思います」

 ―ホームランダービーは出たいか

 「気持ちはもちろん。誘いがあればですけど。出たくない人はいないと思う。光栄なことかなと思います。」

最終更新:6/24(月) 19:20
スポーツ報知

こんな記事も読まれています

スポーツナビ 野球情報

MLB 日本人選手出場試合7/21(日) 3:00

あなたにおすすめの記事

Yahoo!ニュースからのお知らせ