ここから本文です

宮迫ら一転、闇営業認める「金銭を受領」 亮「虚偽の説明」 福島「生活費にあてた」

6/24(月) 16:08配信

デイリースポーツ

 吉本興業は24日、雨上がり決死隊の宮迫博之博之(49)、ロンドンブーツ1号2号の田村亮(47)ら所属芸人11人を「当面の間」謹慎処分にしたと発表した。大規模詐欺グループに対して、事務所を通さずに仕事をする闇営業の形で関与したことが判明したため。これまでギャラの受け取りを否定していたが、一転、認めた。11人は書面でコメントを発表。宮迫、亮、ガリットチュウ・福島善成(41)の3人はコメントの中で、ギャラの受領を認めている。

【写真】カラテカ入江 のぞかせた経営者としての顔

 宮迫は「間接的ではありますが、金銭を受領していたことを深く反省しております」とギャラを受け取っていたことを認めた上で、「相手が反社会勢力だったということは、今回の報道で初めて知ったことであり、断じて繋がっていたという事実はないことはご理解いただきたいです」と詐欺集団との繋がり自体は否定した。

 亮は「金銭の受け取りがございました」と認め、「自分の都合のいいように考えてしまい、世間の皆様に虚偽の説明をしてしまった事を謝罪させて頂きます」と「虚偽の説明」を謝罪した。亮は相方の田村淳に対しても、「ギャラは一切受け取っていない」と説明していた。

 福島は「反社会的勢力と知らず、そこで芸をして出演料を頂きました。そのお金が悪いことをして集められたお金とは知らず、生活費にあてました」と説明した。

最終更新:6/24(月) 20:17
デイリースポーツ

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事