ここから本文です

ザブングル「先輩芸人の誘い断るのは失礼」謹慎処分…ヒアリング結果要旨

6/24(月) 20:54配信

デイリースポーツ

 お笑いコンビ・ザブングルの加藤歩(44)と松尾陽介(42)が24日、過去に反社会的勢力の忘年会に出席し、金銭の授受があったことが認められたとし、所属事務所のワタナベエンターテインメントから「当面の間」として謹慎処分を下された。処分の理由要旨は以下の通り。

【写真】ザブングル・加藤「裏で謝ったことない」

 「弊社所属タレントのザブングル松尾陽介(42)、加藤歩(44)の両名に関して、当面の間、謹慎処分とする旨、決定致しました」

 「本件は、過日、週刊誌にて報じられた通り、特殊詐欺グループとされる反社会勢力が主催する会合へ参加したことによるものです。当人たちにヒアリングを行ったところ、番組などで日ごろお世話になっている他事務所の先輩芸人の方からお誘いを頂き、お断りすることは失礼にあたるということ、また、参加される先輩芸人の方々のお名前を確認し、存じ上げている方ばかりだったということで信用してしまい、急きょの連絡だったことから事務所に報告・確認すること無くお引き受けしてしまったと確認がとれました」

 「また、報道されていたような金額ではありませんが、帰り際にご連絡頂いた先輩芸人より、直接金銭を受領したということも認められました。その会合が反社会的勢力の主催であったことの認識は当人たちには無かったとはいえ、コンプライアンス違反と社内にて重く受け止め、今回の処分に至った次第です」

 「日ごろから所属タレント及び、社員に対して、コンプライアンスの遵守を徹底してまいりましたが、このような処分に至り、それが不十分であったと責任を重く受け止めています」

最終更新:6/24(月) 21:00
デイリースポーツ

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事