ここから本文です

ヤクルト 交流戦全カード負け越しで11位に沈む 山田哲の20号ソロも空砲

6/24(月) 21:20配信

デイリースポーツ

 「交流戦、ヤクルト2-6オリックス」(24日、神宮球場)

 ヤクルトは投打に元気なく、交流戦全カードで負け越し。6勝12敗、11位で終了した。

 先発・清水が初回に3点を失うなど、4回4安打3失点で2敗目。五回には失策も絡み、2点を献上。七回にも中川の適時打で6点を追う苦しい展開となった。

 打線は七回に1点を返し、八回無死の場面で山田哲が6年連続20号本塁打となるソロを放った。竹安の高めに浮いた変化球をジャストミート。バックスクリーンに放り込んだ。「打ったのはスライダー。出塁することを考えて強引にいかず、コンパクトに打ちにいった結果がホームランになりました」と振り返ったが、反撃は届かなかった。

最終更新:6/24(月) 21:23
デイリースポーツ

こんな記事も読まれています

スポーツナビ 野球情報

MLB 日本人選手出場試合8/25(日) 6:50

あなたにおすすめの記事