ここから本文です

吉本「闇営業」謹慎処分でテレビ各局大混乱…人気番組が存続危機

6/25(火) 6:04配信

スポーツ報知

 吉本興業が宮迫博之(49)ら所属タレント11人を謹慎処分にしたことを受け、「アメトーーク!」(木曜・後11時20分)を放送するテレビ朝日は24日、宮迫の当面の出演見合わせを決定した。ほか各局も出演部分のカットなど、対応に追われた。吉本では数年前からコンプライアンス徹底を呼びかけてきたが、今回の件で大幅なイメージダウンは避けられない。

【写真】謹慎メンバーが出演していたレギュラー番組と放送局の反応

 吉本が芸人たちの謹慎を発表した午後3時すぎから、テレビ各局は番組対応で混乱状態に陥った。

 テレビ朝日では協議の末「アメトーーク!」と、田村亮が出演する「ロンドンハーツ」(火曜・後11時20分)について「当該出演者に関しましては今後の出演を見合わせることに致します」と説明。収録済みの番組は対応を検討する。

 一方、ガリットチュウ・福島善成(41)が出演するフジテレビ「ネプリーグ」(月曜・後7時)は謹慎発表直後の放送となり、テロップで「この番組は6月1日に収録したものです」と説明して放送した。関係者によると番組編集が間に合わなかったという。

 雨上がり決死隊にとって初の看板番組でもある「アメトーーク!」では騒動勃発後も「放送予定に変更はない」としたが、騒動後初となる今月13日の放送前にスポンサーが降板。急きょACジャパンのCMに差し替える事態になった。関係者によると、連日、抗議の電話も殺到していた。

 宮迫の出演見合わせに伴い、スポンサーが復活する可能性もある。だがファンが懸念するのは番組のクオリティーだ。当分は相方・蛍原徹(51)が一人でMCを務めることになりそうだが、同番組ではひな壇芸人のトークを宮迫が絶妙に取り仕切ることで成り立っている部分も大きい。

 視聴者離れが懸念され、SNSでも「アメトーーク!大丈夫かなぁ」など存続を心配する声が広がっている。03年から続く長寿番組だが、最悪の場合、打ち切りの可能性もある。

 他にも、主力メンバーの謹慎によって存続が危ぶまれる番組は多い。今後については各局が対応を協議中だが、しばらく混乱は収まりそうもない。

 ◆吉本芸人らの「闇営業」を巡る経緯

 ▼2014年12月 入江や宮迫らが詐欺グループの忘年会に出席。

 ▼19年6月6日 入江が吉本興業を同4日付で契約解除されていたことが明らかに。宮迫、田村、福島、HGの4人は厳重注意処分。

 ▼7日 「FRIDAY」が入江らが闇営業をしていたことを報じる。入江は「相手が詐欺グループとは知らなかった」、宮迫は「ギャラはもらっていない」とツイッターで釈明。

 ▼8日 田村がツイッターで謝罪もギャラを受け取っていたことは否定。福島も謝罪。

 ▼13日 「女性セブン」が、忘年会で宮迫が詐欺グループのリーダーを「『アメトーーク!』に招待する」と発言していたと報じる。同日放送の「アメトーーク!」のCMがACジャパンに差し替え。

 ▼14日 「FRIDAY」が忘年会の半年前にも入江らがリーダーの誕生会で闇営業をしていたと報じる。テレビ朝日が吉本にコンプライアンスの徹底を求める。

 ▼17日 福島が映画のイベントに出席も闇営業については無言。

 ▼18日 「FLASH」がグループ側の話として「ギャラ300万円を支払い、うち100万円は宮迫に渡すと入江に説明された」と報じる。この日までに「アメトーーク!」番組ホームページでの観覧募集を中止。

 ▼19日 NHKが田村が出演している番組の再放送の中止を発表。

 ▼24日 宮迫ら11人を当面の間活動を停止し、謹慎処分とすることを吉本が発表。

最終更新:6/25(火) 7:56
スポーツ報知

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事