ここから本文です

【なつぞら】第13週「なつよ、「雪月」が大ピンチ」あらすじ

6/24(月) 8:33配信

オリコン

 NHKで放送中の連続テレビ小説『なつぞら』(月~土 前8:00 総合ほか)。24日からの第13週「なつよ、「雪月」が大ピンチ」では、ヒロイン・なつ(広瀬すず)と一緒に北海道から上京した雪次郎(山田裕貴)が川村屋を辞めて、芝居の道に進むと言い出し、一波乱起きる。

【写真】小畑家全員が東京へやってくる

 第12週で、新人アニメーターとして一歩踏み出したなつ。職場の仲間として、眼鏡をかけたおっとり女子の三村茜役で渡辺麻友、東洋動画所属の監督見習い・坂場一久役で中川大志らが新たに登場した。

 そんな中、川村屋を辞めると言い出した雪次郎を必死に説得する、なつ。咲太郎(岡田将生)は本人の意思を尊重しろと言い放つ。そんな中、十勝から雪次郎の父・小畑雪之助(安田顕)、祖母・とよ(高畑淳子)、母・妙子(仙道敦子)が遠路はるばるやって来る。

 なつが職場でため息をついていると、茜がやってきて、坂場のことで悩んでいるのかと興味深そうに尋ねてきて…。

 画像は、同ドラマの第13週の台本表紙に印刷されているイラスト。全編がアニメーションで制作されたタイトルバックの監督・原画・キャラクターデザインを手がけた刈谷仁美氏が26週分、すべて異なるイラストを提供している。

最終更新:6/28(金) 20:25
オリコン

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事