ここから本文です

さっぱり、きっぱり断捨離のススメ! 「不要なものは持たない」意識が節約生活への近道

6/24(月) 9:00配信

マネーの達人

お金が貯まる人の多くは捨て上手

捨て上手ということは、必要なものとそうでないものをキッパリと区別し、自分の持ち物をしっかりと管理できているということです。

お買い得品が目の前にあったとしても、それが本当に必要かどうかを冷静に判断して買い物をします。

お金が貯まらない人はものを買ってはため込んでしまう傾向があると言われています。

「ものを買うのは好きだけれど、捨てるのは苦手」という人は多いのではないでしょうか。

思い切って処分しようと着ない洋服を引っ張り出してみたものの、「外出には使えないけど部屋着ならまだ使えそう」とか、「ちょっと手直しすれば着られそう」など、処分しない理由をついつい考えてしまうかもしれません。

「もうコリゴリ」と思うことが無駄遣いを未然に防ぐ

無駄遣いをやめて節約生活をするには、まず不要なものを捨てることからはじめます。

ずっと使っていないものは潔く処分しましょう。

その際のポイントとして、使えるものであったとしても、使わないなら売らずに全部処分することが鉄則です。

まだ使えるものを捨てるのはもったいないことですが、無駄遣いに懲りるためには、もったいない状況をとことん目に焼き付ける必要があります。

フリマアプリなどで売ると「捨てるものが売れて得した」という気分になってしまい、ものを買うことへの心のハードルが下がってしまいかねないため、私はあえて売らずに捨てました。

そうすることで、次新しいものを買うときに「ちゃんと使うかな」とよく吟味するようになります。

捨てるのが惜しいものをまずは捨ててみる

ほとんど着なかったけれど、高いからとりあえず保管していた洋服を捨てた時は、すごく心が痛みました。

ひと目で気に入って買ってはみたものの、着てみるとイメージとは違ったためにタンスの肥やしになってしまった洋服です。

1回これを経験すると、洋服を買うときの判断がかなり慎重になります。

いいなと思う洋服を見かけても、「あのときのような思いはしたくない」と心に言い聞かせることで思いとどまることができるようになりました。

フリマアプリなどで売ればお金になったかもしれませんが、「使わないなら売ればいい」という逃げ道をあえてなくしたことで、節約意識を一段上に持っていくことができたのだと思います。

売るなら「買うべくして買ったけどもう使わないもの」を売る

フリマアプリを全否定するわけではありません。

私が使わないものをフリマアプリなどで売るとしたら、車の買い替えに伴って使わなくなったスタッドレスタイヤやチェーン、サイズが合わなくなった洋服など、買ったことを後悔していないものです。

そのようなものが売れると、「上手にお金を使えた」という気持ちになれます。

捨てるべきものは捨て、売るべきものは売り、身辺をサッパリさせてから節約・貯蓄生活を再スタートさせましょう。(執筆者:木山 由貴)

最終更新:6/24(月) 9:00
マネーの達人

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事