ここから本文です

夜を徹した議論実らず…師匠・嘉納治五郎と切れた絆 平和台を創った男・岡部平太の波瀾万丈な生涯

6/24(月) 17:01配信

西日本新聞

平和台を創った男 岡部平太伝 第3部<6>

 スポーツの聖地・平和台(福岡市)を創設した岡部平太(1891~1966)。糸島で生まれ、福岡、東京、米国、旧満州、そして世界中であらゆるスポーツを体得・研究し、生涯をかけて「コーチ」に徹した。「2020東京五輪」を前に、日本近代スポーツの父ともいえる男の波瀾(はらん)万丈な生きざまを追う。

【写真】平和台を創った男・岡部平太

   ×    ×  
 嘉納治五郎の書斎を訪れた岡部平太は、講道館と米国のプロレスラー、アド・サンテルとの試合の真意を尋ねた。

 「先生、講道館は勝負を受け入れたのですか」

 すると、嘉納の口からは意外な答えが返ってきた。

 「講道館柔道の真価を世界に問う絶好の機会だ。受け入れることにした」

 岡部には信じられなかった。嘉納には米国で経験したことを報告していた。

 「柔道とプロレスラーの戦いは、ルール上において成立はあり得ません。最終的には金銭で決めるしかなく、喜ぶのは興行師です」

 岡部は必死になって試合中止を説いた。しかし、嘉納は1882(明治15)年に創設した講道館の歴史を例に挙げ、岡部の意見を切り捨てた。

 「講道館は他流試合をした苦心があったからこそ、ここまで広まったのだ。サンテル程度の外圧に屈してどうなる、そこまで講道館は弱いのか」

 冷静に話してきた岡部は、この一言で平常心を失い、身を乗り出した。

 「先生は東洋人初の国際オリンピック委員会の委員で、アマチュアリズムは先生ご自身の精神そのものではないんですか。先生が築いてこられた柔道をプロの興行の世界に投げ入れると、講道館そのものまでプロ団体になってしまいます」

 それでも嘉納は頑として首を縦に振らない。書斎の窓から朝日が差し込んでいた。もう半日が過ぎ、始発電車の音が聞こえてきた。

 「これが最後のお願いです。電車で興行師のいる横浜に行かせてください。私が説得します」

 懇願する岡部に、嘉納はきっぱり「だめだ」と言った。その日は東京高等師範学校の卒業式だった。それに気づいた岡部は「これ以上、ここにいては先生に失礼になる。先生の下を去ろう」と決意した。

 徹夜の議論が実らなかった岡部は、妻のステと長女を連れて嘉納邸を出た。

 「私の生涯に於(お)ける一番寂しい記憶の一つである」

 師匠との絆が切れた日のことを岡部はこう振り返っている。これで「講道館を破門された」といううわさが流れたが、岡部は晩年になるまで否定しなかった。

 試合には後日談がある。講道館では他の高段者たちが反対したことで試合を禁じたが、有志たちが対戦。嘉納は「個人を止めることはできない」と静観したものの、試合に出たり関係したりした7人は段位を剥奪された。

=文中、写真とも敬称略

西日本新聞社

最終更新:6/24(月) 17:04
西日本新聞

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事