ここから本文です

参院選比例投票先 自民41%、立憲25% 北海道での世論調査

6/24(月) 16:04配信

北海道新聞

「まだ決めていない」は45%

 北海道新聞社は21~23日、夏の参院選を前に全道世論調査を行った。比例代表の投票先は自民党が41%とトップで、立憲民主党の25%が続いた。参院選に関心があると答えた人は76%で、前回2016年の公示前に行った調査と同じ割合。道選挙区と比例を含む投票先を「まだ決めていない」との回答は45%に上った。

 参院選の日程は7月4日公示、同21日投開票が想定されている。

共産5%、維新と国民4%、公明3%、社民1%

 比例代表の投票先は自民、立憲民主のほか、共産党が5%、日本維新の会と国民民主党が各4%、公明党が3%、社民党が1%となった。前回16年の参院選公示前調査は自民党が38%、民進党(立憲民主党と国民民主党などに分裂)が28%だった。今回は自民党が3ポイント増やし、旧民進党系では立憲民主党に支持が集まった形だ。

 参院選への関心度について、関心がある人の内訳は「大いにある」が26%、「ある程度ある」が50%に上った。「あまり関心がない」は19%、「全く関心がない」は4%だった。

 道選挙区と比例の投票先について、「決めている」が25%、「ある程度決めている」が30%と合わせて55%だった。無党派層や30代以下の約7割がまだ投票先を決めていない。(竹中達哉)

▽調査の方法

 北海道新聞社が北海道新聞HotMedia(ホットメディア)に委託して21~23日、コンピューターで無作為に発生させた番号に電話するRDD(ランダム・デジット・ダイヤリング)法で行った。道内に住む18歳以上の男女が対象。実際に有権者がいる世帯にかかったのは1039件で、うち800人から回答を得た。政党支持率以外の小数点以下は四捨五入し、合計が100にならない場合がある。

北海道新聞社

最終更新:6/24(月) 16:04
北海道新聞

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事